2012年12月28日

TVアニメ『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』2013年4月よりスタート!コミケ83で上映されるPVの場面カットが到着!

銀河機攻隊 マジェスティックプリンス
(C)創通・フィールズ/MJP製作委員会

★オリジナルロボットアニメ『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』が、2013年4月より放送スタート!

『銀河機攻隊 マジェスティック プリンス』は、「刀語」「ヨルムンガンド」で戦いの在処を追求してきた元永慶太郎を監督に迎え、「機動戦士ガンダムSEED」「蒼穹のファフナー」の平井久司がキャラクターデザインとして参加、「けいおん!」の吉田玲子が脚本を担当するオリジナルロボットアニメーション作品。

2012年12月29日(土)より東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット83」の「東宝ブース(ブースNo.431)」では、本作の最新PVが上映決定。最新PVでは、主人公たちチームラビッツ、通称「ザンネン5」のメンバーが登場。キャラクターたちの豊かな表情が楽しめる約90秒の映像となるとのこと。是非お見逃し無く!

■PV場面カット:
銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 銀河機攻隊 マジェスティックプリンス 

<ストーリー>
― 地球暦2110年。宇宙に進出を果たした人類は、数多の資源小惑星を手中に収め、その未来と繁栄は約束されたかに思えた。しかし、外宇宙への橋頭保たる木星圏に、汎銀河統一帝国を名乗る謎の勢力・ウルガルが襲来。地球は存亡の危機に陥った。その頃、遺伝子操作で宇宙に適応できる人類を生み出そうとするプロジェクトによって生まれた特務機関 MJPに所属するチームラビッツの少年達は、最新鋭の戦闘デバイス「アッシュ」を受領し、あろうことか、全地球防衛軍・GDFの撤退の盾として前線に送り込まれてしまう。圧倒的な戦力を誇る敵軍に対し、果たして彼らは生き残ることができるのか…。

−−−−−−−−−−−−−−−−

◇テレビアニメ放送情報◇
・2013年4月より放送開始

<スタッフ>
○ 監督:元永慶太郎
○ キャラクターデザイン:平井久司
○ シリーズ構成/脚本:吉田玲子
○ 脚本:志茂文彦
○ 軍事/SF考証:鈴木貴昭
○ 副監督:即座誠
○ MJPメカデザイン:谷裕司
○ GDFメカデザイン:森木靖泰
○ ウルガルメカデザイン:渡辺浩二
○ 美術監督:前田実
○ セットデザイン:岩畑剛一
○ 総作画監督:佐光幸恵、高岡じゅんいち、牧孝雄
○ CGプロデューサー:井野元英二
○ アニメーション制作:動画工房×オレンジ

−−−−−−−−−−−

「マジェスティックプリンス」の関連商品を検索
(Amazon.co.jp)

−−−−−−−−−−−

 

アニメ「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」公式サイト:
http://mjp-anime.jp/

<公式Twitter> https://twitter.com/MJP_anime
<公式Facebook> https://www.facebook.com/majeprince

サイト内を「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」で検索する

TVアニメ『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』2013年4月よりスタート!コミケ83で上映されるPVの場面カットが到着!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/310418268
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック