アンデルセンの名作童話『雪の女王』トムス・エンタテインメントがテレビアニメ化

 アンデルセンの名作童話『雪の女王』が、5月より「NHK アニメ劇場」にて放送が開始される。物語は、19世紀の北欧を舞台に、主人公ゲルダが雪の女王にさわられた少年カイを救うため、苦難を乗り越え旅する姿を描く冒険ファンタジー。

 監督には、「あしたのジョー2」「家なき子」「ガンバの冒険」「ベルサイユのバラ」などを手掛けた出崎統 氏。シリーズ構成には、「るろうに剣心」「ブリーチ」や、「大奥」「踊る大捜査線 交渉人 真下耕一」などアニメ・映画・ドラマなどで活躍中の十川誠志 氏が担当。

 声の担当は、主人公のゲルダ役の声優・川澄綾子をはじめ、雪の女王役に涼風真世、少年カイの父に高嶋政宏、ナレーションと吟遊詩人に中村トオルなど俳優陣を多数起用。

 全39話テレビアニメシリーズとして、5月22日(日)19:30よりNHK総合テレビ「NHK アニメ劇場」にて放送開始。

 

トムス・エンタテインメント IRニュースより:
http://www.tms-e.co.jp/IR/2005/0427.html

| 新作アニメ(TV・その他) |
アンデルセンの名作童話『雪の女王』トムス・エンタテインメントがテレビアニメ化
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。