ジブリ美術館が、洋画アニメーションを配給

●16日、三鷹の森ジブリ美術館発足についての記者会見が開かれ、海外の劇場アニメーションの配給事業に参入することを発表。第1弾として、「老人と海」でアカデミー賞に輝いたアレクサンドル・ペトロフ監督の最新作『春の目覚め』を3月17日より東京渋谷のシネマ・アンジェリカにて上映する。チケットは、全国のローソンにあるLoppiで購入可能。

 

春のめざめ 公式サイト:
http://www.ghibli-museum.jp/mezame/

<関連情報>
スタジオジブリ:海外の劇場版アニメ配給に参入 (まんたんウェブ)
ジブリ美術館が洋画アニメーションを配給 DVDも発売 (読売新聞)

| 放送・上映・配信情報 |
ジブリ美術館が、洋画アニメーションを配給
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。