『紅』放送日時決定!メインキャストインタビュー到着

紅 ●新作テレビアニメ『紅 kure-nai』公式サイトにて、放送情報、エンディングテーマ情報、Webラジオ情報、フィギュア情報を追加したほか、ギャラリーを更新。

●テレビアニメ『紅 kure-nai』2008年4月3日よりtvkほか全国UHF局にて放送開始!各局の放送日時も決定!。(詳細は、下記にて)

●2008年3月12日(水)より Lantis web radioにて、『紅』のインターネットラジオ「おとなの時間」がスタート!。パーソナリティは、真田アサミさん(武藤環役)、黒田崇矢さん(九鳳院蓮丈役)が担当予定。

●アニメ『紅 kure-nai』のエンディングテーマを新谷良子さんが担当。

●ジャンプSQ.誌上通販にて、九鳳院 紫のフィギュアの予約を受付中。予約は、2008年5月30日(金)まで。注文方法は、「ジャンプSQ.」4月号にて。

●また、放送に先立ちメインキャストからのインタビューが到着しましたので紹介致します!。

紅 メインキャスト
(左から升望さん、悠木碧さん、沢城みゆきさん)

 

<TVアニメ『紅』キャストインタビュー>

――自身の演じるキャラクターのご紹介をお願いいたします。

沢城みゆき(紅真九郎役):
 真九郎は、揉め事処理屋というちょっと特殊な仕事をしているキャラクターです。最初『揉め事処理屋』と聞いたときは、精神的な部分の揉め事を処理するのかなと思っていたのですけれども、どちらかというと肉体労働的な活動を今のところはしています。
戦う能力に長けている格闘系ということ以外は、どちらかというと生真面目で、ややもするとあまり特徴のないような男の子に感じますね。
普通の人とは異なる過去をバックボーンとして背負っていますが、日常では普通の人と変わらない高校生といった感じです。

悠木碧(九鳳院紫役):
 紫は囲われた環境で育った女の子。あるとき、いろいろな人の思いによって外の世界に出してもらって、そこで本当に信じられることを見つけていきます。紫はとにかくわがままなんですよね(笑)。お金かけられて育てられているし、それは仕方がないのかもしれませんが、真九郎もけっこう受身キャラなので、上から視線の言い方でバンバン言いにくいことも言ってしまっています。
真っ直ぐで正直な性格で、正しいものは正しいと貫き通す、小さいけれども信念を持った子です。ときどきそんな彼女をうざいと思うときもあるんですけど、でもとても子供らしく、愛らしいな子だなと思います。

升望(村上銀子役):
 銀子は真九郎の幼なじみ。彼のために情報屋をやっていて、彼が困っていたりするとビジネスとして必要なことを伝えます。周りの人とはほとんどコミュニケーションを取らなくて、アニメでも話すのは真九郎とだけ。しかもひと言、ふた言というのが多くて、情報もほとんど資料を投げ渡すだけ、でも銀子の気持ちとしてはビジネスライクだけではないんじゃないかな…という印象です。

 

――作品についての印象をお聞かせください。

沢城:
 小説、コミック、アニメと展開してきて、タイトルと世界観は同じなんですけれども、それぞれ少しずつキャラクターの枝葉が異なっているんです。そんな中で、アニメは「愛しい」とか、「想う」ということが全体の雰囲気として強くあるように感じています。村松さんの素晴らしいピアノ曲や石井さんの優しい線の絵が合わさった、完成形を見るのが楽しみです。
悠木:
すべての人のいい部分も悪い部分も包み隠さずに描写されているなと思います。人間らしい部分が1人1人によく描かれていて、悪い人たちでさえも、戦うことへのコンプレックス、けっして悪いばかりではない面がよく表われているのではないかと思います。

升:
 人間らしさが溢れている作品だなと思います。
1人1人の個性もしっかりと描かれているし、会話もとても日常的で日常会話の面白いところが随所に取り入れられています。なかでもアフレコスタジオで実際に起きたエピソードが、台本に取り入れられた……ということもしばしばありましたね。

 

――今回プレスコでの収録となりましたが感想はいかがでしょう。

沢城:
 通常アフレコでは演出さんが、表現の『間』であったり、台詞の『尺』をあらかじめ決めておいてくださるのが、プレスコではそれがザックリと私たちのところに投げ渡されてしまう。なので、その役者自身の呼吸感がアフレコよりも強く反映されたキャラクターになってしまう特徴があると思います。
松尾監督のもとでのプレスコをするは2度目なんですけれども、1本目の経験や試行錯誤の結果、「どうしたらよりよかったのか」という部分が随所に生かされていて、絵コンテの段階で見せたいことが明確に提示されている部分もあれば、長い食事のシーンは変わらずドーンと役者に任されていたり、そのバランスがとてもいい感じなんですよね。アフレコとの違いというよりかは、松尾監督の現場なんだというほうがウェイトを占めていると言ったほうがいいかもしれません。こちらが投げた疑問点はクリアーになるまで付き合ってくださるし、提案したことはかなり取り入れて下さってしまうので、ものを言うのも聞くのも慎重になります。

悠木:
 松尾監督のもとでプレスコができたことがとても恵まれていることだと思っていて、なんでもズバッと言ってくださるのが、とても親身になってぶつかってきてくれているんだなと感じます。演技の間をとても大事に、そしてわかりやすく私たちに伝えてくださるので役になりきりやすいですし、演じていてすごく楽しいです。そして毎回、いろんなことを学ばさせていただいています。

升:
 スタジオの雰囲気はとても良くて、好きな現場です。女の子が多いけれども、キャッキャするのではなく、役者同士で作品を話し合う部分が多くて、シーンごとにチームに分かれてまとまっている、まるで舞台づくりをしている雰囲気に近いです。そんな空気感が私はとても好きなのでとてもいい現場だなと思っています。
でも、銀子はあまり人と会話をするキャラではないから、そのグループをつくるシーンがあまりないのがちょっと寂しいです(笑)。

 

――真九郎の印象をお聞かせください。

沢城:
 過去のことを引きずっている・・・というよりはそれを言い訳にしているところが真九郎にはあるので、どちらかというと男のクセにウジウジしているなぁという印象はあります(笑)。最終回を迎えるまでに、そんな彼がどうなるのか・・・楽しみにしています。

悠木:
 真九郎には、自分の存在を認めてくれる部分で信用でき、そしてなついているんだと思います。紫は自分に信念を持ち、学ぶことが大好きですが、その彼女が外の世界へ出て、どんどんいろんなことを吸収していくことで、そばにいる真九郎に思いを寄せるのではないかと思いますね。

升:
 真九郎は鈍いんですよね(笑)。感情をあまり表に出さない銀子も悪いとは思うのですけど、なかなか想いが伝わらないところに歯がゆさを感じます。ため息をついたりする銀子は個人的には好きなんですけど……。でも、真九郎の銀子にしか見せない表情があって、そんなところに役得みたいなものを感じているんじゃないかなと思いますね。

 

――紫は令嬢ですが、『令嬢』に対してどんな印象をお持ちですか?

沢城:
 文化が違う人という感じでしょうか。金銭感覚、生活環境が違うことで、出てくる発想や考え方が庶民の感覚からすると浮世離れしているのは、否めないのではないかと感じます。ちょっと宇宙人に近いというのは言いすぎかな?(笑)令嬢といってもいろんなタイプの令嬢がいるなぁと思うのですが、そういった突飛さは接していて楽しいなと個人的には思います。

悠木:
 私の祖母が令嬢気質だったので、まずは思い浮かべますね。
紫もきっと人の上に立つために教育を積まれてきている、その過程にいる子だと思うのでゆくゆくは祖母のようになるのかなぁとイメージしています。
紫は令嬢ですが、もし別の令嬢と一緒にいたら、真っ直ぐな分、ぶつかり合ってしまうのではないかなと、ちょっと想像しています。

升:
 パッと思い浮かぶのは、わがままでツンツンしている(笑)イメージ。あとはやたらとおっとりしていて、いつも笑顔でニコニコしているパターンかな。
私はまわりに影響されてしまうタイプなので、ツンツンしていたらチヤホヤしてしまうだろうし、おっとりしていたら遠巻きに見てしまうのかな。銀子ちゃんだったらきっとあまり近づかないのではないかと思います(笑)。

 

――あなたが揉め事処理屋になるとしたら?揉め事処理屋の印象について。

沢城:
 揉め事処理屋って、学校や社会に置き換えると中間管理職なのかなと思います。真九郎のように力で揉め事を解決するばかりではなく、例えば好きな人同士の間を取り持ったり、悩み相談を聞いたり、メンタルな部分も含めて広く捉えてみると、私も小学生、中学生時代にそんな経験をしてきたなと、質問を聞いていて思い出しました。

悠木:
 自分に関わっている揉め事ならとにかく、第三者となって人の揉め事を仲裁するのって、難しいですよね。揉める事によって痛みを感じることも経験だと思うし、それ自体に意味があるのではと感じるので、処理しようなんて考えないのかな……(笑)。

升:
 揉め事を解決していこうというよりは、子供の頃、よく兄妹喧嘩をしたとき、女の子なので負けてしまってばかりだったので、格闘に長けている真九郎のように強くなってみたいなという願望のほうが先に来てしまいます。

 

――これからオンエアがスタートしますが視聴者へのメッセージをお願いします。

沢城:
 以前は原作を如何に忠実にアニメで再現しようかということに心を砕いていたのですが、今ではどちらかというとアニメとして作品をどう表現するか、私が声をいれることでどう枝葉をつけていって、見てくださる方にどんな提示ができるのか、ということを大切に姿勢で取り組んでいます。なので小説や漫画に縛られない真九郎をつくっていかれたらと想っています。アニメは真九郎と紫が2人それぞれに成長していくお話がメインに描かれているのですが、紫が学んでゆく様が本当に可愛くて、夏の朝顔のようなスピードで伸びていきます。それが1話1話とても愛しくて、ぜひ、4月からお見逃しのないよう、よろしくお願いいたします。

悠木:
 原作の紫はとてもかわいいんです。私も大好きなんです。
そしてアニメの紫も、台本を読んでいてとてもかわいいなと思っています。なので原作を読んでくださった方がアニメを見て、もっともっと紫のことをかわいいと思っていただけるように頑張りたいなと思います。みなさんにかわいがってもらえたら幸いです。

升:
 原作には原作のよさがあって、アニメにはアニメのよさがあります。
なので、むしろ原作のイメージとアニメのイメージの違いみたいなところもじっくりと見ていただけたら面白いんじゃないかなと思っています。
収録をしていて、早く完成したものを見てみたいと、私たちも毎回衝動に駆られています。そんな期待感、ワクワク感がアニメを見てくださる方にも伝わればなと思います。

(TEXT:竹川慶介)

 

<作品概要>
紅キービジュアル
(C)片山憲太郎・山本ヤマト/集英社・「紅」製作委員会

<ストーリー>
 紅真九郎(くれない しんくろう)は揉め事処理屋を営む高校一年生。彼はある日、先輩の紅香(べにか)から幼い少女を守るという依頼を紹介される。その少女の名は九鳳院紫(くほういん むらさき)、世界有数の大財閥の令嬢だった。わがままで騒々しい彼女に振り回される真九郎だったが、そんな日々の暖かさに慣れ始めた頃、日常は突然に破られる・・・・・。紫が背負う運命に、真九郎はどう立ち向かい、また彼女を守り抜くことができるのか!?

◇テレビアニメ放送情報◇
・tvk
 2008年4月3日(木)26:15~ 放送予定
・チバテレビ
 2008年4月3日(木)26:00~ 放送予定
・テレ玉
 4月より放送開始
・テレビ大阪
 2008年4月5日(土)26:40~ 放送予定
・テレビ愛知
 2008年4月9日(水)25:58~ 放送予定

※放送時間及び放送開始日については変更となる可能性がございます。

◇WEBラジオ情報◇
Lantis Web radioにて3月12日より配信スタート

◇主題歌◇
オープニング主題歌
「Love Jamp」アーティスト:栗林みな実

エンディング主題歌
「タイトル未定」アーティスト:新谷良子さん

<キャスト>
○ 紅 真九郎:沢城みゆき
○ 九鳳院 紫:悠木 碧
○ 柔沢紅香:石毛佐和
○ 崩月夕乃:新谷良子
○ 村上銀子:升 望
○ 武藤 環:真田アサミ
○ 闇絵:木村はるか
○ 犬塚弥生:大久保藍子

<スタッフ>
○ 原作:片山憲太郎(集英社スーパーダッシュ文庫)
○ 原作イラスト:山本ヤマト
○ 監督・シリーズ構成:松尾 衡
○ 助監督:山みつえ
○ アニメーションキャラクターデザイン・総作画監督:石井久美
○ 美術監督:荒井和浩
○ 3Dワークス:佐々木研太郎
○ コスチュームデザイン:藤純
○ プロップデザイン:大河広行
○ 色彩設計:古市祐一
○ 撮影監督:大熊義明
○ 編集:田村ゆり
○ 音楽:村松 健
○ 音響監督:松尾 衡
○ 音響効果・選曲:山田 稔
○ 音響制作:HALF H・P STUDIO
○ 制作会社:ブレインズ・ベース

「紅 kure-nai」関連商品はこちら (Amazon.co.jp)

 

紅 kure-nai 公式サイト:
http://www.samidareso.com/

[プレスリリース]

| 新作アニメ(TV・その他) |
『紅』放送日時決定!メインキャストインタビュー到着
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。