『ネオ アンジェリーク Abyss』キャストインタビュー到着!

●2008年4月より放送開始の新作テレビアニメ『ネオ アンジェリーク Abyss』の放送に向け、レイン役:高橋広樹さんと、ジェイド役:小野坂昌也さんからのコメントが到着!。

キャストコメント
(C)KOEI Co., Ltd./ネオ アンジェリーク製作委員会

――TVアニメ化を知らされた時のお気持ちはいかがだったでしょう。

高橋広樹さん
ゲームの収録から、イベント、CDドラマといろいろと展開していく中で、『ネオロマンス』の他の3作品が既にアニメ化されているということもあり、「まだかまだか」という思いと、お話を聞いた瞬間の「もう来たか」という思いが入り混じった不思議な感覚に見舞われました。もちろん、TVアニメになることへの喜びがある一方で、それはすぐに責任感へと変わっていきました。

小野坂昌也さん
『ネオ アンジェリーク』は他の『ネオロマンス』の作品と比べても出演者が少なく、正直アニメにはなるとは思ってはいなかったので、「アニメ化します」と言われたときに、どういうストーリーにするんだろうかと、ビックリしましたね。
ゲームではキャラクター個々にストーリーがあり、その全員の分を1本のアニメにするのは非常に難しいのではないかと思っています。どうなっていくのかとても楽しみです。

 

――演じられてきた中での作品の印象をお聞かせください。

高橋広樹さん
『恋愛ゲーム』というところから連想されるアニメと考えてしまうと、いい意味で裏切られる要素が満載だと思います。しっかりとストーリー立てられていて、主人公のアンジェリークを中心とする登場人物たちの成長物語が描かれている。悪を倒す勧善懲悪を遂げようとする時代劇っぽいテイストも持ち合わせた作品だと思います。

小野坂昌也さん
原作となる『ネオ アンジェリーク』はアドベンチャーゲームなのですが、戦いの要素もあります。
アニメのほうでも明確な敵が出てきて、アンジェリークとともにそれらと戦い、人間たちを守っていくことがテーマとなっている。そんな部分が今までの『ネオロマンス』と一線を画しているところだと思います。

 

――ご自身が演じられている役のご紹介と印象をお聞かせください。

高橋広樹さん
レインはオーブハンターのひとりで、普段はクールで頭のよく、どんな事態になっても冷静に行動して解決していくことができる優等生なキャラクターです。
ただ、女性に対してウブなところがあり、ちょっと奥手なのかなと感じさせるツンデレタイプの男性です。

小野坂昌也さん
ジェイドはもともとは旅人なんですけれども、みんなで一緒に戦うタイプではなく、1人でタナトスに対処していたところをオーブハンターにみつけられて合流していくキャラクターです。
みんなに対して愛を注いでしまう、男女を問わず甘い言葉を囁いてしまうところが八方美人っぽくみえるのですけれども、それには信念があってそうなっていったことが後々明らかにされていきます。今はまだ謎多き人物です。

 

――アンジェリークという女性の魅力はどんなところでしょう?

高橋広樹さん
純粋で一生懸命なところだと思います。世界を救いたい、困っている人たちを助けてあげたいという思いが彼女の行動の根底にあると思います。
どんな時にでも、自分のそうした思いに忠実に、一生懸命に向かっていこうとする姿勢が魅力的ですね。

小野坂昌也さん
純粋に人を救いたいという気持ちがあるところと、自己犠牲を厭わないところだと思います。彼女は医者になって人を助けたいという思いがあったのですが、それよりも浄化能力を用いればより多くの人が救えるとわかると、たとえ苦しくともその道を選択していく。そうした力強いハッキリとした信念をもったところが魅力的だと思います。

 

――お二人にとって『ネオ アンジェリーク』に出演されることへの意味とは?

高橋広樹さん
歌あり、イベントあり、ドラマCDありと、1つのキャラクターでたくさんの展開を経験させていただける作品だなと感じます。それを何年か続けることにより、ライフワークの1つになりつつあると言えますし、アニメ化でそういう部分がより加速していただけると嬉しいなと思っています。

小野坂昌也さん
完全な2枚目を演じるのは稀なので、今までとは種類の違う仕事だなと思っています。
自分の中でも違った経験、違った一面を引き出させていただいていると感じています。

 

――オンエアへ向けてファンの方へのメッセージをお願いいたします。

高橋広樹さん
音声収録のスタッフさん曰く、「みんなキラキラしている」のだそうです。そういう部分に自分も注目していこうと思いますし、アニメでは当然、絵が動くわけですので今までのメディアではお見せできなかったようなアクションシーン、キャラクターが活き活きと躍動するさまを楽しんでいただけたらなと思います。

小野坂昌也さん
ゲームとは異なり、連続したドラマが展開していく流れになっていくと思います。また、キャラクターもとても活き活きしており、その人物の動き、より深い人間ドラマを楽しんでいただけると思いますので、4月からのアニメをぜひご覧ください。

 


 

◇テレビアニメ放送情報◇
・テレビ東京

 2008年4月6日(日)26:00~
・テレビ愛知
 2008年4月7日(月)27:05~
・TVQ九州放送
 2008年4月8日(火)26:23~
・てれびせとうち
 2008年4月9日(水)25:18~
・AT-X
 2008年4月11日(金)スタート
 毎週(金)10:00~/21:00~
 毎週(火)14:00~/24:00~
・テレビ大阪
 2008年4月11日(金)27:35~
・テレビ北海道
 2008年4月15日(火)26:00~

◇春の番外編~ネオ アンジェリークAbyss放送直前SP~◇
・AT-X
 2008年4月4日(金)10:00~/21:00~
 2008年4月8日(火)14:00~/24:00~

◇WEBラジオ配信情報◇
・ランティスウェブラジオ

 2008年3月21日より配信開始
 パーソナリティ ヒュウガ役:小野大輔

 

<キャスト>
○ アンジェリーク:遠藤 綾
○ レイン:高橋広樹
○ ニクス:大川 透
○ ジェイド:小野坂昌也
○ ヒュウガ:小野大輔
○ ルネ:山口勝平
○ ベルナール:平川大輔
○ マティアス:楠 大典
○ エレンフリート:入野自由
○ ジェット:中村悠一
○ ロシュ:木村良平

<スタッフ>
○ 原作:コーエー 
○ キャラクターデザイン:由羅カイリ
○ コミック: 梶山ミカ(角川書店「Asuka」連載)  
○ 監修:ルビー・パーティー
○ 監督:片貝 慎
○ シリーズ構成:山田由香
○ アニメーションキャラクターデザイン:藤岡真紀
○ 音響監督:菊田浩巳
○ アニメーション制作:ゆめ太カンパニー

「アンジェリーク」関連商品はこちら (Amazon.co.jp)

 

<関連リンク>
ネオ アンジェリーク Abyss 公式サイト

| 新作アニメ(TV・その他) |
『ネオ アンジェリーク Abyss』キャストインタビュー到着!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。