「ジャパン・アニメコラボ・マーケット2008」 10月16日~18日開催

●人気アニメ・キャラクターを活用した新ビジネスの見本市「ジャパン・アニメコラボ・マーケット2008」が、2008年10月16日(木)、17日(金)、18日(土)の3日間、秋葉原UDX2F「AKIBA SQUARE」ほかにて開催!。

日本のアニメは、「かっこいい」「クール」なコンテンツとして世界中で放送されています。そして、それらの作品から生まれたキャラクターが商品化するなど、様々なビジネスで活用され、世界中から注目される大きな市場を形成し、その規模も拡大を続けています。市場では常に「新しい商品メディア」「まだ見ぬアニメの活用法」などが求められています。

「ジャパン・アニメコラボ・マーケット」では、アニメコンテンツを活用した新たな企画と、それらを実現する優れた技術をもった企画者を“発掘”するとともに、企画者とアニメのライセンスを持つ著作権者、そして新たにこの市場への参入を考えるビジネスパートナーとが手を結ぶことのできる場となります。

本イベントは、世界で注目されている日本アニメと新しいメディア・優れた技術とのコラボレーションにより生み出された「新しいアニメ活用企画」を紹介する見本市です。

■主な展示・催し物■

○アニメ・チャレンジオーディション・・・
  ライセンサーの審査を通過したアニメ活用アイディアの展示

○アニメ・ビジネスショーケース・・・
  アニメのライセンスビジネスの成功事例を展示

○シンポジウムおよびステージ・・・
  様々な角度からアニメ活用ビジネスを語る。

  ※4階「UDXシアター」で開催のシンポジウムでは、アニメおよび
    ライセンスビジネスの第一線で活躍するプロデューサーや
    クリエイターが、最新事情や日本のコンテンツ業界の今後を
    語り尽くします。

  ※2階JAM2008会場内ミニステージでは「アニメ・チャレンジ
    オーディション」合格者による出品物のプレゼンテーションや、
    「アニメ・ビジネスショーケース」出展者によるステージトークの他、
    「メイドよさこい」試演会や人気声優をゲストに迎えての「アニメ検定」
    イベントを開催。

○etc..

 

■開催概要■

【入場】無料

【開催日時】
 ビジネスデー:(※要申し込み
  2008年10月16日(木)10:00~17:00
  2008年10月17日(金)10:00~17:00
 一般デー:
  2008年10月18日(土)10:00~17:00

【開催内容】
 1.アニメ・チャレンジオーディション(企画提案のプレゼンテーション展示)
 2.アニメ・ビジネスショーケース(モデル事例展示)
 3.シンポジウムおよびステージ

【開催会場】
 秋葉原UDX「AKIBA_SQUARE」・「UDXシアター』
 〒101-0021東京都千代田区外神田4-14-1秋葉原UDX

【主催】中間法人日本動画協会/経済産業省

【後援】
 東京都、千代田区、秋葉原駅前商店街振興組合、秋葉原観光推進協会、
 秋葉原商店街振興組合、秋葉原タウンマネジメント株式会社、
 秋葉原中央通商店街振興組合、秋葉原電気街振興会、アニメ検定実行委員会、
 エンタまつり2008実行委員会、財団法人東京観光財団、つくばエクスプレス、
 東京商工会議所、独立行政法人中小企業整備基盤機構関東支部

【特別協力】
 株式会社キャラクター・データバンク
 社団法人日本イベント産業振興協会(JACE)
 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)

【協力】
 NTT都市開発株式会社
 鹿島建設株式会社
 株式会社クロスフィールドマネジメント
 株式会社コスパ
 サントリー株式会社
 杉並アニメーションミュージアム
 ダイビル株式会社
 東京アニメセンター
 東京メトロ
 東京国際アニメフェア実行委員会事務局

■シンポジウム スケジュール■

2008年10月16日 11:00~12:30
ジャパン・ロケーション・マーケット2008プレイベント
「アニメーションmeetsロケーション~風景、キャラクター、ストーリー~」

 ・正田克宏(福岡フィルムコミッション主査)
 ・菊池宜広 (株式会社ピーエーワークス専務取締役)
 ・七丈直弘(東京大学大学院情報学環准教授)
 ・吉田正高(東京大学大学院情報学環 特任講師)

2008年10月16日 13:00~14:30
「これからのキャラクター商品の可能性を考える」

 ・清水義裕(株式会社手塚プロダクション著作権事業局局長)
 ・相原博之(株式会社キャラ研代表取締役
        東京大学大学院情報学環特任研究員)
 ・種村達也(株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ執行役員)
 ・陸川和男(株式会社キャラクター・データバンク代表取締役社長
        東京大学大学院情報学環特任研究員)

2008年10月16日 15:00~17:00
慶應大学大学院メディアデザイン研究科協力
「ジャパンクールから、世界のデザイン、ものづくりへ」

 ・エチエンヌ・バラール(ジャーナリスト、『オタク・ジャポニカ』著者)
 ・川口盛之助 (アーサー・D ・リトルジャパンシニアマネージャー)
 ・中村泰子(株式会社ブームプランニング代表取締役)
 ・中村伊知哉(慶應義塾大学メディアデザイン研究科教授)

2008年10月17日 10:30~12:40
 JETRO企画「中国におけるアニメ(映像)コンテンツの2次利用の可能性」

 ・王磊(上海文広新聞傳播集団 炫動アニメチャンネル 副総裁)
 ・周湛文(広州芸洲人文化傳播有限公司 総裁)
 ・兪増徳(上海豪徳広告有限公司 社長)

2008年10月17日 13:30~15:00
「3Dデータがつなぐアニメと製造業の新しい“カタチ”」

 ・相馬達也(3次元形状を活用する会(3D-GAN)事務局長)
 ・橋本トミサブロウ(株式会社サテライトCG部部長)
 ・内田研一(3次元形状を活用する会(3D-GAN)プロデューサー)
 ・遠藤真宏(Studio Meets)

2008年10月17日 15:30~17:00
「流通最前線から見たアニメ関連商品」

 ・上野真太郎(アニメイト秋葉原店長)
 ・幸田健(アソビットゲームシティ店長兼イベント・特典企画担当)
 ・塚本浩司 (株式会社虎の穴営業統括部営業課課長)
 ・数土直志 (株式会社アニメアニメジャパン代表取締役)

 

ジャパン・アニメコラボ・マーケット2008 公式サイト:
http://www.jam-anime.jp

[プレスリリース]

| イベント情報 |
「ジャパン・アニメコラボ・マーケット2008」 10月16日~18日開催
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。