神山健治×羽海野チカ『東のエデン』TVシリーズ+劇場版プロジェクト始動!

●2009年4月よりフジテレビ“ノイタミナ”枠にて、完全オリジナルアニメ企画『東のエデン』の放送がスタートします!!。

 原作・脚本・監督は、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』『精霊の守り人』を手掛けた神山健治。キャラクター原案は、『ハチミツとクローバー』『3月のライオン』で、幅広い世代に支持されるベストセラー漫画家・羽海野チカ。音楽は、『イノセンス』『GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊』等、数々の劇場アニメ大作を手掛け、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』では第41回シッチェス・カタロニア国際映画祭 最優秀映画音楽賞を受賞した川井憲次が担当しています。

ハイクォリティな映像とともに、鋭い洞察力で深遠な人間ドラマを展開してきた神山健治監督が描くのは、 この国の“空気”に戦いを挑んだ、ひとりの男の子と、彼を見守った女の子の、たった11日間の物語・・・。

さらに『東のエデン』は、TVアニメシリーズが完結した後、さらにその先を描く劇場版も控えるなど、大型プロジェクトとして始動しています。

2月10日には、公式サイトもリニューアルオープン。イントロダクションをはじめ、キャラクター紹介など様々な情報を公開中!。

東のエデン

<ストーリー>
2010年11月22日(月)。日本各地に、10発のミサイルが落ちた。

ひとりの犠牲者も出さなかった奇妙なテロ事件を、人々は「迂闊な月曜日」と呼び、すぐに忘れてしまった。

それから3ヶ月。卒業旅行でアメリカに出かけた森美 咲(もりみ・さき)は、ホワイトハウスの前でトラブルに巻き込まれ、ひとりの日本人に窮地を救われる。 滝沢 朗(たきざわ・あきら)。彼は記憶を失っており、一糸まとわぬ全裸の姿で、拳銃と、82億円もの電子マネーがチャージされた携帯電話を握りしめていた……。

滝沢 朗とは何者なのか? 謎の携帯電話の正体は? 失われた、滝沢の記憶とは何だったのか?

緻密な伏線が張り巡らされた壮大なストーリーの、全ての謎を解く鍵は、第1話に!

********************

◇テレビアニメ放送情報◇
・2009年4月より、フジテレビ“ノイタミナ”枠にてスタート!。

 30分×全11話(予定)

<スタッフ>
○原作・脚本・監督:神山健治
○キャラクター原案:羽海野チカ
○音楽:川井憲次
○キャラクターデザイン:森川聡子
○副監督:吉原正行
○総作画監督:中村 悟
○美術監督:竹田悠介
○色彩設計:片山由美子
○CGI監督:遠藤 誠
○撮影監督:田中宏侍
○アニメーション制作:プロダクション I.G

(c)東のエデン製作委員会

 

東のエデン 公式サイト:
http://www.juiz.jp

| 新作アニメ(TV・その他) |
神山健治×羽海野チカ『東のエデン』TVシリーズ+劇場版プロジェクト始動!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。