追悼赤塚不二夫展~ ギャグで駆け抜けた72年~ 8月26日より開催。

●2009年8月26日(水)~9月7日(月)までの期間、松屋銀座8階大催場にて、赤塚不二夫ワールドをめいっぱい楽しみ、元気になって帰れる展覧会「追悼赤塚不二夫展~ ギャグで駆け抜けた72年~」が開催されます!。

2008年8月に72歳で亡くなった日本を代表する漫画家:赤塚不二夫氏。故人を偲ぶと共に、その数多くの作品と、氏の数々のギャグ人生や各界との幅広い交友関係、酒や家庭等の私生活など、沢山の思い出深いエピソードを交え「赤塚不二夫の世界」を「ギャグという視点」から紹介。

生前、仕事を通じて親交が深かったブックデザイナーの祖父江慎氏が会場デザインを行い、趣向を凝らした「200枚以上の原画」展示や「キャラクタ
ー」を一挙に紹介します。

「トキワ荘時代の未発表の写真」、「デビュー前の作品」、伝説の肉筆同人誌「墨汁一滴」の展観。さらに、各界の著名人の“シェー!写真で構成する「シェー!企画」や新作ショートアニメ上映など、“おもしろく・楽しく魅せる表現”が行われている展覧会となります。

今回、「追悼 赤塚不二夫展~ギャグで駆け抜けた72年~」の開催に先駆け、赤塚展公式HPで「今日のシェーッ!」の企画がスタート。

本展の目玉である「シェーッ!オンパレード」の部屋で展示予定の、人気漫画家によるキャラクターと『シェーッ!』のコラボレーション作品、著名人による『シェーッ!』写真の一部を先行公開!。17点の漫画家・著名人による『シェーッ!』が、8月26日の開催日まで毎日1点公開されます。是非お見逃し無く!。

*************

■「追悼 赤塚不二夫展~ギャグで駆け抜けた72年~」開催概要
会期:2009年8月26日(水)~9月7日(月)
時間:午前10時~午後8時
   (入場は閉場の30分前まで、最終日午後5時閉場)
会場:東京・松屋銀座
    ※約2年間で全国有名百貨店、美術館を巡回予定
主催:読売新聞社 
企画:ぴえろ、渋谷出版企画
企画協力:フジオ・プロダクション
会場デザイン:祖父江 慎(そぶえ しん)

入場料:一般1,000円、高大生700円(税込)、中学生以下無料
〈前売り〉一般700円、高大生400円(税込)〔チケットぴあにて販売〕

*************

 

追悼 赤塚不二夫展~ギャグで駆け抜けた72年~ 公式サイト:
http://www.fujio72.com

| イベント情報 |
追悼赤塚不二夫展~ ギャグで駆け抜けた72年~ 8月26日より開催。
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。