手塚治虫の不朽の名作『ユニコ』が、ムービーコミックとして8月1日より配信

 2010年8月1日(日)より携帯専用放送局「BeeTV」にて、手塚治虫の不朽の名作『ユニコ』のムービーコミックを配信スタート!

ユニコ
(C)Tezuka ProductionsBeeTV

原作漫画『ユニコ』は、1976年にサンリオが発刊していた「リリカ」で連載を開始。1980年に小学館の学年別児童向け雑誌「小学一年生」で、より児童向けにリメイクされ、女子児童を中心に人気を博した手塚治虫の隠れた名作。その後、アニメ化され映画が2本製作されるなど、未だ多くのファンの支持を受けている。

オリジナル版となるカラー版は、既に絶版となっており、カラーで漫画を楽しむことができるのはBeeTVだけ。BeeTVならではとして、原作漫画に音声台詞やSE、エフェクト効果が加わり、ムービーコミックならではの楽しみ方が満載!

主人公ユニコ役には、昨年のNHK紅白歌合戦にも出演し、最新アルバム「IMPACT EXITER」がオリコンアルバムウィークリーチャートで2位(7月19日付)にランクインした、“声優界のトップアーティスト”水樹奈々を起用。“漫画の神様”手塚治虫と、声優界で人気、実力ともにトップを走る水樹奈々との夢のコラボレーションがBeeTVで実現した。

<水樹奈々さんからのコメント>
水樹奈々 
①今回、手塚作品に出演していかがでしたか?
 原作を何度も読んで収録に挑みました!読めば読むほど深みを増していき、とても考えさせられました。愛、友情、絆・・・とても身近にあるものだからこそ、その大切さが見えなくなってしまう時もある。日常の中にある大切なものを伝えられるように・・・!と気合満点の収録でした。幅広い世代の方に知られる名作に出演させていただき、とても光栄です!

②「ユニコ」というキャラクターをやる上でどういうところに気をつけられましたか?
 純粋で無垢で真っ白な心を持つユニコ。いつも一生懸命で体当たりでぶつかっていくまっすぐさを出せるように心がけました。

③最後に、BeeTVをご覧になっている方へのメッセージをお願いします。
 大人から子供まで、男女問わず楽しんでいただける作品です!みなさんぜひ見て下さいね

*********

■作品概要:
作品名:「ユニコ」
ジャンル:Beeマンガ
配信開始日:2010年8月1日
更新日:毎週水曜日更新(全20話)
配信尺:1話当たり、約6分

<スタッフ>
原作:手塚治虫/企画:柳芳夫・高橋利明/プロデューサー:龍貴大・平木美和/演出:鳥尾美里/映像効果:村上愛/音響効果:田久保貴昭・牧瀬能彦/協力:手塚プロダクション/制作協力:アックス・TIP TOP/制作:東通/製作:BeeTV/著作:Tezuka Productions・BeeTV

<声の出演>
ユニコ:水樹奈々/ビーナス:豊口めぐみ/チャオ:深町彩里/ティピ:宮田幸季

<視聴方法>
NTTドコモの携帯電話(NTTドコモ ビデオクリップ対応機種)で
iチャネル→BeeTV もしくは iメニュー→動画→BeeTV と
アクセスしていただければ見ることができます。

*********

[プレスリリース]

| 放送・上映・配信情報 |
手塚治虫の不朽の名作『ユニコ』が、ムービーコミックとして8月1日より配信
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。