『宇宙ショーへようこそ』ベルリン・シドニー・ロンドンを経てついにアメリカ上陸!Otakon2010 オフィシャルレポート

 シネ・リーブル池袋ほか全国絶賛公開中の映画『宇宙ショーへようこそ』が、7月30日よりアメリカ・メリーランド州ボルティモアで開催されたアメリカ最大級のアニメイベント「Otakon 2010」に全米プレミア上映として参加。本日同イベントのオフィシャルレポートが到着したので紹介します。

宇宙ショーへようこそ 
(C)A-1 Pictures/「宇宙ショーへようこそ」製作委員会

****

全米ではロスのアニメ・エキスポと並ぶ最大級のアニメイベント・Otakon。

今回は7月30日~8月1日の日程で、アメリカ・メリーランド州ボルティモアで開催され、今回「宇宙ショーへようこそ」の制作スタッフから監督の舛成孝二氏、キャラクターデザインの石浜真史氏、プロデューサーの落越友則氏が招聘され、現地でのプレミア上映を含む様々なイベントを実施した。

これまでベルリン映画祭を初めとして数々の映画祭や上映会で上映を実施してきた本作。今回Otakon2010 にてプレミア上映会を行い、アメリカ上陸を果たした。現地アメリカでは舛成監督の「R.O.D シリーズ」、「かみちゅ!」などの人気も高いことから、「宇宙ショーへようこそ」の上映を待ちわびていたファンも多く、プレミアの開場前には長蛇の列ができ、1,000人を越す観客が集まった。

上映前には舛成監督・石浜氏・落越プロデューサーが紹介され、観客からは大きな拍手と歓声が。上映を終え、現地の観客の反応について舛成監督は「笑いを誘うシーンでは大きな笑いが起こり、最後のクライマックスのシーンでは皆真剣に見るといったとても素直な反応が印象的」と語った。

イベントでは、計2 回のサイン会を実施。舛成監督や石浜氏、落越プロデューサーに関連する作品のグッズなどを持参して参加する熱烈なファン、約100名がそれぞれの会で集まり、現地での人気の高さを感じさせたサイン会となった。

また、現地アニメ誌、オンラインメディアなどを招いた記者会見も実施。監督らの過去の作品についてなど、幅広い質問が集まった会見となった。

『宇宙ショーへようこそ』の海外の映画祭からの上映は今後も拡大していく見込みとなっている。

******************

◇映画公開情報◇
☆シネ・リーブル池袋 ほか全国絶賛公開中☆

<ストーリー>
 美しい自然に囲まれた小さな村、村川村。小学校の全校生徒はわずか五人。夏休み、恒例の子どもだけの合宿で学校に集まった子供たちは、裏山で謎の巨大なミステリーサークルと、その脇でケガをして横たわっていた一匹の犬をける。何と彼は犬ではなく、惑星プラネット・ワンからやって来た宇宙人だったのだ。はるか2100万年光年の彼方から地球を訪れた彼、ポチの目的とは? 小さな村の子どもたち五人と一匹の宇宙人が繰り広げる宇宙最大の冒険がいま幕を開ける―。

「宇宙ショーへようこそ」関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

 

宇宙ショーへようこそ 公式サイト:
http://www.uchushow.net/

| イベント情報 |
『宇宙ショーへようこそ』ベルリン・シドニー・ロンドンを経てついにアメリカ上陸!Otakon2010 オフィシャルレポート
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。