『ドラゴンエイジ』のアニメーション映画化を発表

 BIOWARE社とファニメーション社がティー・オーエンタテインメント(日本)との共同製作による『ドラゴンエイジ』のアニメーション映画化が決定。

『ドラゴンエイジ』は、BIOWAREの人気アクション・ファンタジーRPG作品。独特な世界観と映像美、奥深いストーリー設定が人気を呼び、世界中にファンが急増中の大人気ロールプレイングゲーム。

映画の監督には、実写映画『ピンポン』やCGアニメーション『ベクシル』などを手掛けた曽根文彦しが務める。映画は、2011年末に北米で公開されるほか、日本での劇場公開も予定されている(時期未定)。

 

ドラゴンエイジ(Dragon Age):
http://dragonage.bioware.com/

ティー・オー エンタテインメント:
http://www.toenta.co.jp/

| 新作アニメ映画 |
『ドラゴンエイジ』のアニメーション映画化を発表
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。