TVアニメ『SKET DANCE(スケット・ダンス)』第1話アフレコ現場からのキャストコメント到着

 1月31日(月)都内某所にて、4月よりスタートする新作テレビアニメ『SKET DANCE(スケット・ダンス)』第1話のアフレコ取材が行われた。

 SKET DANCE(スケット・ダンス) アフレコ現場

『SKET DANCE』は、学園生活を円滑に送るための人助けを目的に結成された開盟学園・学園生活支援部、通称「スケット団」のボッスン、ヒメコ、スイッチという3人が織りなす「真面目に爆笑、気付けば涙。」の痛快学園群像劇。

スケット団リーダー、ボッスンを演じるのは『機動戦士ガンダムOO』(アレルヤ・ハプティズム/ハレルヤ役)、『ヤッターマン』(高田ガン(ガンちゃん / ヤッターマン1号)役)の吉野裕行さん。スケット団の紅一点にして唯一の武闘派、ヒメコを演じるのは『魔法先生ネギま!』(長瀬楓)、『ハヤテのごとく!』(綾崎ハヤテ役)の白石涼子さん。知性派で情報収集のスペシャリスト、スイッチを演じるのは『銀魂』(坂田銀時役)、『涼宮ハルヒの憂鬱』(キョン役)の杉田智和さん。

アフレコ終了後、第一話参加声優全員での記念撮影を実施。囲み取材も終始し「スケット団」らしいコンビネーションで質疑応答が行われた。

SKET DANCE(スケット・ダンス) アフレコ 

***************

――― Q:今回のそれぞれの役所を教えて下さい。

白石:ヒメコはわかりやすい性格で関西弁、そしてこの3人だとツッコミ担当ですね。紅一点だけど、みんなを引っ張っていく、熱血的な性格です。時には恋人、時には女房のようにボッスンをサポートしています。

白石涼子さん 

吉野:ボッスンは「スケット団」として学園の生活をサポートするような部活をしているんですが、一番子供ですね。オカンのようなヒメコ、オトンのようなスイッチに支えられてやっています。何だかエアーのような感じのキャラで時にはツッコんでいますが、基本的にイジラれキャラです。(笑)

吉野裕行さん

杉田:スイッチは音声合成ソフトで会話をするという、特殊なキャラクターなうえ、とても自由度が高く、言い換えれば、答えを出すのが難しいキャラですね。演じるのも難しく、ただその自由度、難易度を視聴者に伝えないように頑張っていきたいです。スイッチ風に言うならば、後の設定はこちらまで(http://sketdance.jp/)ですね。

杉田智和さん 

――― Q:今回のアフレコ取材を終えての感想をお願い致します。

白石:正直すごい疲れました。大変だろうなとは思っていましたが、毎週より頑張っていかないとなと思いました。作品も勢いがあって面白かったです。家で練習している時は一人でツッコんだりしていましたが、スタジオに行くと二人がいたので、ツッコミがいがありましたね。(笑)

吉野:アニメ化が発表されてから、少し時間が経つんですが、その実感もなくぼんやりと臨んでいた気がします。というのも、キャラの設定上、あまり身構えてはいけないなと思ったので。原作のイメージを壊さず、この作品のテンポ感を伝えればと思っています。

杉田:タツノコプロ様の制作という事で、爆発する時に「ボカーン!」ってなったら嬉しいなと思いながらやっていました。音声合成ソフトでの会話という事で、台本に「SE」と書いてあっても、これを言葉で発した方がいいのか、「BGM」と書いてあっても、芝居で音声で演じた方がいいのかという迷いが生じてました。とりあえず、全部やりました。使われているかはオンエアをご覧下さい。

――― Q:この作品の魅力を教えていただけますでしょうか?

吉野:難しくなく、大きな仕掛けもないので、取っ付き易い作品ですね。話もポジティブで良いと思います。

杉田:逆に視聴者のみなさんがどういう風に見ているかが気になりますね。ご感想はこちらの宛先まで(http://sketdance.jp/)お願いします。

――― Q:3人が実際に助っ人されたい事ってありますか?

白石:う~ん、ありますか?

吉野:こういう時に面白い事を言って、何とかして欲しいですね。(スケット団の)3人に会場を温めておいてもらいたいな。

――― Q:最近、実際に助けられたエピソードってありますか?

吉野:私、自転車に乗っていて、ジャックナイフとかましてしまったのですが、手袋をしていて助けられたなと思いました。片方だけしていなくて、そっちは切れてしまってたんで、反対の手は無傷だったので、「すげ~!手袋!」と思いました。

――― Q:アフレコ取材時のエピソードを教えて下さい。

吉野:アフレコが始まる前に、同年代も多かったので、「スケット団」の話ではなく、「スケバン刑事」の話で盛り上がってましたね。

白石:静電気の話とか、昔のテレビの話でも盛り上がりましたね。世代が離れている人は「ぽか~ん」としてましたね。

吉野:ピリピリしていなくて、穏やかに出来たよね。

――― Q:撮影中、アドリブはありましたか?

杉田:監督がこちらを信頼してか「何かありますか?」と逆にどんどんアドリブを要求してきましたね。要約すると、「オモロイ事言えよ。」と言われてました。

白石:杉田さんはそんな監督の要求にドンドン答えて、アドリブで話していたんですけど、私はそれにツッコまないといけなくて、「ポカーン」としちゃいました。

――― Q:最後に視聴者へメッセージをお願い致します。

白石:スケット団らしい、ドタバタした空気でやっておりますので、ぜひ見て下さい。

吉野:大人も子供も楽しめる作品です。ぜひ、親子で楽しんで欲しいですね。

杉田:この3人組はとても暖かく、自由にやらさせていただいてます。ぜひ応援よろしくお願い致します。

*************

 SKET DANCE(スケット・ダンス)
(C)篠原健太/集英社・開盟学園生活支援部・テレビ東京

◇テレビアニメ放送情報◇
・テレビ東京系

 2011年4月より放送開始

<スタッフ>
○ 原作:篠原健太(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
○ 監督:川口敬一郎
○ シリーズ構成:猪爪慎一
○ キャラクターデザイン:中武学
○ アニメーション制作:タツノコプロ

<キャスト>
○ ボッスン / 藤崎 佑助(ふじさき ゆうすけ):吉野裕行
○ ヒメコ / 鬼塚 一愛(おにづか ひめ):白石涼子
○ スイッチ / 笛吹 和義(うすい かずよし):杉田智和
○ 安形 惣司郎(あがた そうじろう):関智一
○ 椿 佐介(つばき さすけ):下野紘
○ 丹生 美森(うにゅう みもり):高本めぐみ
○ 浅雛 菊乃(あさひな きくの):小林ゆう
○ 榛葉 道流(しんば みちる):野島健児
○ 中馬 鉄治(ちゅうま てつじ):中田譲治
○ 武光 振蔵(たけみつ しんぞう):三宅健太
○ 矢場沢 萌(やばさわ もえ):豊口めぐみ
○ 吉備津 百香(きびつ ももか):井上麻里奈
○ 早乙女 浪漫(さおとめ ろまん):茅野愛衣
○ 高橋 千秋(たかはし ちあき):佐藤聡美
○ 結城 澪呼(ゆうき れいこ):折笠富美子
○ 八木 薫(やぎ かおる):名塚佳織

<ストーリー>
開盟学園高校・生活支援部---通称“スケット団”。
“人助け”を目的に結成されたこの部活。

そのメンバーは、
地味だけど、やる時はやるリーダー・ボッスン(藤崎佑助)。
金髪関西ツッコミ娘・ヒメコ(鬼塚一愛)。
メガネの知性派オタク・スイッチ(笛吹和義)。
…3人だけ。

学園生活の中で誰もが抱えている、ささいな事だけど切実な悩みや問題。
それらを真剣に、一生懸命に、解決してくれるのが、『スケット団』っス!

と言えば格好はいいが、
基本的には部室でダラダラ、ボケて、スベって、ツッコんで。
たまに舞い込む依頼ときたら、
“落し物探し”や“ペットのお守り”などささいな事ばかり。
それでも、スケット団は全力で取り組む熱いヤツら。

今日もスケット団の元へ、
ヘンテコなヤツらからのヘンテコな依頼が舞い込む。

スケット団は無事お悩み解決できるのか!?

(C)篠原健太/集英社・開盟学園生活支援部・テレビ東京

 

SKET DANCE(スケット・ダンス) 公式サイト:
http://sketdance.jp/

| 新作アニメ(TV・その他) |
TVアニメ『SKET DANCE(スケット・ダンス)』第1話アフレコ現場からのキャストコメント到着
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。