山村浩二監督短編アニメーション『マイブリッジの糸』第15回 文化庁メディア芸術祭【アニメーション部門】優秀賞を受賞!

山村浩二監督短編アニメーション「マイブリッジの糸」が、平成23年度(第15回)文化庁メディア芸術祭【アニメーション部門】にて優秀賞を受賞した。

「文化庁メディア芸術祭」は、メディア芸術の創造とその発展を図ることを目的として、平成9年度(1997)から始まり、現在ではアート、エンター テインメント、アニメーション、マンガの4部門で世界中から作品を募り、優れた作品に文化庁メディア芸術祭賞を顕彰するとともに、これらを広く紹介するために受賞作品展を毎年2月に開催している。贈呈式は、2012年2月21日(火)に東京ミッドタウンで行われ、授賞作品展は2月22日(水)~3月4日(日)までの期間、国立新美術館(六本木)にて行われる予定。

<贈呈式>
平成24年2月21日(火) 東京ミッドタウン(六本木)

<受賞作品展>
平成24年2月22日(水)~3月4日(日) 国立新美術館(六本木)

-----------

◇『マイブリッジの糸』について◇
マイブリッジの糸 マイブリッジの糸
(C) 2011 National Film Board of Canada / NHK / Polygon Pictures

カナダ国立映画制作庁、ポリゴン・ピクチュアズ、NHKとの共同製作。1878年に馬のギャロップの連続動作を撮影することに成功した写真家エドワード・マイブリッジと、現代・東京の母と娘の情景との、ふたつの世界の対比によって、「時間」を思念する短編アニメーション映画。

2011年/12分38秒/カナダ・日本/セリフなし
/字幕:英語&日本語/カラー&白黒
製作:カナダ国立映画制作庁
共同製作:NHK、ポリゴン・ピクチュアズ
監督・脚本・編集・デザイン・アニメーション:山村浩二
オリジナル音楽・サウンドデザイン:ノルマン・ロジェ、ピエール・イブ・ドラポー、ドゥニ・シャルトラン
J.S.バッハ「蟹のカノン」編曲:ノルマン・ロジェ
配給・宣伝:ポリゴン・ピクチュアズ、ヤマムラアニメーション

<今後の主な上映劇場およびスケジュール>
・名古屋 名古屋シネマテーク 2012/1/2~1/13
・富山 フォルツァ総曲輪    2012/1/14~1/20
・群馬 シネマテークたかさき  2012/2/4~

※上映プログラム、料金等につきましては、直接各劇場にお問い合わせください

★下記の劇場(順不同)にて公開予定。

<公開予定劇場>
・大阪 梅田ガーデンシネマ
・京都 京都みなみ会館
・兵庫 神戸アートビレッジセンター
・北海道 シアターキノ
・石川 金沢シネモンド
・岡山 シネマクレール
・愛媛 シネマルナティック

※詳細は決定次第、公式サイトにて発表。

【山村浩二監督について】
山村浩二 監督
1964年生まれ。東京造形大学卒業。2002年「頭山」がアヌシー、ザクレブをはじめ世界の主要なアニメーション映画祭で6つのグランプリを受賞、第75回アカデミー賞にノミネートされる。2010年文化交流使としてカナダで活動。絵本作家、イラストレーターとしても活躍。東京藝術大学大学院映像研究科教授。

-----------

 

マイブリッジの糸 公式サイト:
http://www.muybridges-strings.com/

文化庁メディア芸術祭:
http://plaza.bunka.go.jp/festival/

株式会社ポリゴン・ピクチュアズ:
http://www.ppi.co.jp/

| インフォメーション |
山村浩二監督短編アニメーション『マイブリッジの糸』第15回 文化庁メディア芸術祭【アニメーション部門】優秀賞を受賞!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。