貴志祐介原作『新世界より』TVアニメ化決定!アニメ コンテンツ エキスポ2012でキャストによるステージを開催!

新世界より
(C) 貴志祐介・講談社/「新世界より」製作委員会

★貴志祐介の小説『新世界より』がテレビアニメ化決定!

原作は、2008年に発表され「第29回 日本SF大賞」を受賞、各書評で大絶賛を浴びるなど大きな注目を集めながら、そのイマジネーションに満ちた特異な世界観と圧倒的な広がりを見せる壮大なストーリーから「映像化不可能」とまで言われた空前絶後のエンターテインメント作品。今回、テレビ朝日の企画によりテレビアニメ化が実現した。

監督は石浜真史氏、アニメーション制作をA-1 Picturesが担当する。また、メインキャストの情報も公開され、渡辺早季役を種田梨沙さん、朝比奈覚役を東條加那子さん、秋月真理亜役を花澤香菜さん、伊東守役を工藤晴香さん、青沼瞬役を藤堂真衣さんが担当する。2012年4月1日には「アニメ コンテンツ エキスポ2012」にて、キャスト登壇によるステージイベントも予定されている。詳細は、下記公式サイトをチェック!

<ストーリー>
1000年後の日本。
人々は、水と緑にあふれた理想郷とも言える街で平和に暮らしていた。社会の基盤となっているのは、21世紀まで著しい発展を遂げていた科学文明ではなく、その時代の人間であれば誰しもに備わっている「呪力(じゅりょく)」と呼ばれる念動力。彼らは、八丁標(はっちょうじめ)と名付けられた結界の中で、数千人ほどの小さなコミュニティーを形成し、呪力を駆使した奉仕・協力体制によって社会を成り立たせていた。

そんな世界で育った5人の少年少女、早季、覚、真理亜、守、瞬は、ある出来事から、自分たちを育んできた社会は、情報、思想、記憶、愛、さらに命までもが、一部の大人によって徹底的に管理・統制された、歪んだものであることに気づく。さらに、その裏には、人類がたどってきた血塗られた歴史も隠されていた。やがて、すべてを知った彼らは、滅びゆく世界を、掛け替えのない仲間たちを守るために、命を賭けた冒険と戦いに身を投じていくことになる。そして、闘いの果てには、驚きの真実が待ち受けていた!

<キャスト>
○ 渡辺早季:種田梨沙
○ 朝比奈覚:東條加那子
○ 秋月真理亜:花澤香菜
○ 伊東守:工藤晴香
○ 青沼瞬:藤堂真衣

<スタッフ>
○ 原作:貴志祐介「新世界より」(講談社文庫刊)
○ 制作:A-1 Pictures
○ 監督:石浜真史
○ シリーズ構成:十川誠志

<イベント概要>
・アニメ コンテンツ エキスポ2012 white ステージ
・日時:2012年4月1日(日)14:05~14:35
・出演者:種田梨沙、東條加那子、工藤晴香、花澤香菜、藤堂真衣、石浜真史監督 予定
・キャスト、監督によるトークショー&PV初公開

 

テレビ朝日『新世界より』:
http://www.tv-asahi.co.jp/shinsekaiyori/

| 新作アニメ(TV・その他) |
貴志祐介原作『新世界より』TVアニメ化決定!アニメ コンテンツ エキスポ2012でキャストによるステージを開催!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。