「東京アニメアワード」アニメーション オブ ザ イヤーが『おおかみこどもの雨と雪』に決定

東京アニメアワード アニメーション オブ ザイヤーが、2012年7月公開の映画『おおかみこどもの雨と雪』に決定した。『おおかみこどもの雨と雪』は、「時をかける少女」「サマーウォーズ」を手掛けた細田守監督が、「1人の女性が、恋愛・結婚・出産・子育てを通じて自立する過程」を描いた作品。

また、本日、第12回東京アニメアワード コンペティション受賞作品・受賞者、第9回功労賞顕彰者の発表も行われた。

<第9回功労賞顕彰者>
○ プロデューサー/横山 賢二
○ 原作者/ちばてつや
○ 脚本家/藤川 桂介
○ 監督/石黒 昇 ※故人
○ 原画/羽根 章悦
○ 撮影監督/三澤 勝治 ※故人
○ 音響監督/斯波 重治
○ 作曲家/菊池 俊輔
○ 声優/大平 透

<公募部門受賞者>
○ グランプリ
  「Time of  Cherry Blossoms」 蔡旭晟(台湾)
○ 一般部門 優秀作品賞
  「the Animation Tag Attack」 Bach Christen  (デンマーク)
  「The Story Of Animation」 David Tart (デンマーク)
○ 学生部門 優秀作品賞
  「夕化粧」 胡雖・ォп@(日本)
  「ナーニとナッタ」 青木友香 (日本)
○ 特別賞
  「Lion Dance」 段髮ッ髞エ・鬩ャ扈エ佳 (中国)
○ 入選
  「くつした」 加藤郁夫 (日本)
  「かくれん坊」 白石慶子 (日本)
  「婆ちゃの金魚」 岩瀬夏緒里 (日本)
  「In-Between」 (フランス)
    Alice BISSONNET,
    Aloyse DESOUBRIES BINET,
    Sandrine HAN JIN KUANG,
    Juliette LAURENT,
    Sophie MARKATATOS 
  「STEWPOT RHAPSODY」 (フランス)
    Charlotte CAMBON DE LA VALETTE,
    Stephanie MERCIER,
    Soizic MOUTON,
    Marion ROUSSEL

2013年3月21日より開催される「東京国際アニメフェア2013」パブリックデー初日の3月23日(土)に、第12回東京アニメアワード表彰式・第9回功労賞の顕彰式が行われる予定。「東京国際アニメフェア2013」公式サイトにて、授章式の一般観覧者の募集を開始。

-------------

おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]
おおかみこどもの雨と雪 BD(本編1枚+特典ディスク1枚) [Blu-ray]
2013年2月20日発売

おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)
2013年2月20日発売

おおかみこどもの雨と雪 Blu-ray+DVD ファミリーパッケージ版(本編BD1枚+本編DVD1枚)
2013年2月20日発売

(Amazon.co.jp)

<物語>
主人公・花が大学で出会い、好きになった青年は、おおかみおとこだった。ふたりで紡ぐ貧しくささやかながらも幸せな日々。やがて授かったふたりの子供・雪と雨。永遠に続くかと思えた幸せだったが、ある日唐突に、おおかみおとこの命は奪われ、花は幼いふたりの子供と取り残される。しかし、本当の物語「子育て・子育ち」の始まりはそこからだった。都会の人目を逃れて、厳しい自然の中の田舎町に引っ越す親子。人との関わりを絶ってひっそりと生きていくはずだったが、思いがけず、田舎の人情に触れ、母子は苦労しながらも、人らしく、親らしく、子供らしく、そして自分らしく暮らしていく。しかし、子供たちには「人として」生きるのか、それとも「オオカミとして」生きるのか、という選択が迫っていた。

-------------

 

東京国際アニメフェア2013 公式サイト:
http://www.tokyoanime.jp/

おおかみこどもの雨と雪:
http://www.ookamikodomo.jp/

| インフォメーション |
「東京アニメアワード」アニメーション オブ ザ イヤーが『おおかみこどもの雨と雪』に決定
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。