京まふレポート:『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 スペシャルトークショー in 京都』

 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 スペシャルトークショー in 京都

2013年9月7日(日)より、みやこめっせ(京都勧業館)にて、「京都国際マンガ・アニメフェア2013」がスタート。

初日の朝は生憎の雨だったが、外には入場を待つ人で長蛇の列ができていた。9:30よりオープニングセレモニーでは、京都市長の門川大作氏、京まふ実行委員長の松谷孝征氏(手塚プロダクション代表取締役)、京都市会議長の橋村芳和氏(来賓代表)、スペシャルゲスト・「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語」より鹿目まどか役の悠木碧さん、暁美ほむら役の斎藤千和さん、プロデューサーの岩上敦宏さんが挨拶を行い、同じく登壇した「京まふ」関係者の方々と共に鏡開きを行った。

オープニングステージの後、会場はそのまま次のステージ『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 スペシャルトークショー in 京都』へ。

舞台には、オープニングセレモニーから引き続き、悠木碧さん、斎藤千和さん、岩上敦宏さん(プロデューサー)が登壇。

「魔法少女まどか☆マギカ」のイベントは、春に行われた「アニメ コンテンツ エキスポ 2013」以来、約半年ぶり。また、京都での開催とセレモニーの列席者から、登壇前はかなりの緊張をしていたとのこと。しかし、ファンからの熱い声援で勇気づけられ気分も一転。京都でファンに会えることが嬉しいとコメントした。

登壇の挨拶の後には、9月7日(土)より劇場にて上映されている予告映像の上映が行われた。現段階で劇場に行かなければ見ることが出来ない予告映像のため、会場に訪れたファンにとっては初見となる映像だ。

クオリティーも高く内容のつまった非常に公開が待ち遠しい感じの予告映像だったが、斎藤さん曰く「この予告映像で全てを見た気になって“へ~こんな感じのお話しなんだ”と思っているとビックリします(笑)」とのこと。また岩上プロデューサーも「これと同じレベルの面白い予告編が、後10本ぐらい作るんじゃないかな? 本編もそうとう内容が詰っているので楽しみにして欲しい」と語った。

その後も、キービジュアルやキービジュアルに描かれた新キャラクター、アフレコの話題などで盛り上がり、斎藤さんからはギリギリ?の裏話も明かされた。

当初「アフレコについては全て録り終えた」と言っていたが、実は“ほむら”のシーンに演出の変更があり、これから声を録り直すとのこと。映画をより面白くするための修正&変更であるが、アフレコを後からやり直すというのは新房総監督も初めてとのこと。岩上プロデューサーは、「シャフトさんの絵作りがどんどんグレードアップしている。新房総監督をはじめ、宮本監督の頑張りと創意工夫が詰め込まれているので、プロデューサーとしては“間に合ってくれ”という気持ちでいっぱいです(笑)」とコメントした。

楽しいステージは、あっという間に終了に近づき、最後に登壇者から一言ずつ。

岩上さん「アニメの制作もラストスパートで、スタッフ一同、頑張って作っていますので10月26日の公開の際には是非とも見て頂きたいと思っています。よろしくお願いします。」

斎藤さん「『魔法少女まどか☆マギカ』は、私にとって人生を変えてくれた宝物のような作品です。そういう気持ちで作ったからこそ、皆さんにすごく深く届いたんだと思っています。皆さんの応援で、[新編]を迎えることができました。私はこれを完結編だと思っていません。[新編]と書いているからには、私はこれを新しい始まりだと思っています。ここから始まって、また何かちがう形で、また皆さんにお会いできる機会があるんじゃないかなと思っています。それは映画が成功したらだと思うんですけど、これが成功しなかったら日本のアニメーションは成功できないんじゃないかと言うぐらいの、本当に凄い作品になると思っています。なので楽しみに待っていてください。今日は朝からありがとうございました。これからもよろしくお願いします。」

悠木さん「『魔法少女まどか☆マギカ』は、魂を題材にしたお話が散りばめられていて、それの在処って何処なんだろうというお話しなんですね。私は昔、子役をやっていて、アニメーションが好きで声優に転身したのに、“出来なかったからここに来た”と言われて悔しい思いをずっとしていました。でも『魔法少女まどか☆マギカ』に出てから“アニメーション凄いじゃん”と言って貰えるようになりました。この映画でもまた感じて頂けると思います。だって、みんなが命を削りながら作っているから・・・。千和さんや周りの先輩のお芝居を見ていて、本当に魂を削りながら役を作っていくんだなと感じるアフレコになりました。全ての人の命が詰って作られた作品で、皆さんに絶対何か届けられる自信があります。ここに来てくれた人たちは、見に来てくれると思うので周りの人に言う(宣伝する)こと!“約束だよ?”(笑)。本当に今日はありがとうございました。よろしくお願いします!」

と挨拶を行い、大きな拍手と共にステージは終了した。

---------------

◇映画情報◇

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語』
・2013年10月26日(土)全国ロードショー

<STORY>
鹿目まどか。かつて、幸せな日々をおくっていた平凡な一人の少女が、その身を賭してすべての魔法少女たちを残酷な運命の連鎖から解き放った。まどかへの想いを果たせぬままに取り残された魔法少女・暁美ほむらは、彼
女の残した世界でひとり戦い続ける。 「懐かしいあの笑顔と再びめぐり合うことを夢見て-」

<CAST>
鹿目まどか=悠木 碧 / 暁美ほむら=斎藤千和 / 巴マミ=水橋かおり / 美樹さやか=喜多村英梨 /佐倉杏子=野中 藍 / キュゥべえ=加藤英美里

<STAFF>
原作=Magica Quartet / 総監督=新房昭之 / 脚本=虚淵玄(ニトロプラス) / キャラクター原案=蒼樹うめ/監督=宮本幸裕/ キャラクターデザイン=岸田隆宏、谷口淳一郎 / 総作画監督=谷口淳一郎、山村洋貴/エフェクト作画監督=橋本敬史 / 副監督=寺尾洋之 / 異空間設計=劇団イヌカレー / 異空間美術=南郷洋一/美術監督=内藤健(st ちゅーりっぷ) / 美術設定=大原盛仁 / 色彩設計=日比野仁、滝沢いづみ/ビジュアルエフェクト=酒井基 / 撮影監督=江藤慎一郎 / 編集 松原理恵(瀬山編集室) / 音響監督=鶴岡陽太/音響制作=楽音舎 / 音楽=梶浦由記 / 主題歌=ClariS、Kalafina / アニメーション制作=シャフト/配給=ワーナー・ブラザース映画

-----------

「魔法少女まどか☆マギカ」の関連商品を検索
(Amazon.co.jp)

-----------

 

『魔法少女まどか☆マギカ』公式サイト:
http://www.madoka-magica.com/

| イベント情報 |
京まふレポート:『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編]叛逆の物語 スペシャルトークショー in 京都』
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。