アニメーションマスタークラス2013 中島聖氏による「世界をリードするアートディレクション」開講!

ポリゴン・ピクチュアズは、2013年10月24日(木)~26日(土)に開催の「デジタルコンテンツEXPO 2013」において、“アニメーションマスタークラス2013 中島聖「世界をリードするアートディレクション」”を開催。

ロサンゼルスを拠点にハリウッド作品を数多く手がけるアートディレクターの中島聖氏。アートディレクターのノウハウやディレクションスタイルを、事例を交えながら解説。さらに作品制作全般にわたるアートディレクターの役割やその重要性など、世界標準のアートディレクションについて講演が行われます。

世界のデザイン現場のトレンド情報、多国籍で構成される制作環境でのサバイバル術など、ハリウッドの一線で活躍し続ける中島氏ならではの内容も盛り込まれています。

-----------

【アニメーションマスタークラス2013 中島聖「世界をリードするアートディレクション」】
開催日:2013年10月26日(土)  10:30~17:00(開場10:00)
開催場所:日本科学未来館 第二会議室
http://www.miraikan.jst.go.jp/guide/route/

参加費:18,000円/1名
申し込み方法:下記URLよりWebにて受け付けております。

<アニメーションマスタークラス2013 お申込みフォーム>
https://pro.form-mailer.jp/fms/1418a7f848206

-----------

【デジタルコンテンツEXPO】
デジタルコンテンツ分野で活躍する研究者やクリエイター、企業関係者等が参加し、最新の情報を交換しながら、デジタルコンテンツ産業の5年、10年先の将来像を描き出す国際的イベント。

会期:2013年10月24日 (木) ~ 26日 (土)
会場:日本科学未来館 (http://www.miraikan.jst.go.jp/
    東京都江東区青海2-3-6 
主催:経済産業省、一般財団法人デジタルコンテンツ協会
公式サイト:http://www.dcexpo.jp/

-----------

【中島 聖 氏について】
高校卒業後単身渡米。アメリカのアートスクール卒業後に、米国大手スタジオ「ドリームワークス」や「Rhythm & Hues」に勤務。『ディズニー・アニマルキングダム・アトラクション』のチーフデザイナーや、米大手CMキャラクターデザインを多数手掛ける。近年ではSF超大作『THE SEVENTH SON』のVFXアートディレクター、ゲーム企画やコンセプトデザイン、アメリカで大ヒットを続ける映画作品『アルヴィン&チップムンクス』とそのTVシリーズを手掛け、2009年に公開され当社もプロダクションに参加した『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』の主人公“はるか”のデザインも手掛けている。現在LA在住。

作品歴:
『アルヴィン&チップムンクス』
『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』
『ハムナプトラ』
『ナイトミュージアム』
『THE SEVENTH SON』※2014年1月公開予定 等

-----------

| イベント情報 |
アニメーションマスタークラス2013 中島聖氏による「世界をリードするアートディレクション」開講!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。