第41回 アニー賞ノミネート作品発表!ポリゴン・ピクチュアズ制作の『トロン:ライジング』『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『トランスフォーマー プライム』が「最優秀TVアニメーション部門」など4部門にノミネート!

株式会社ポリゴン・ピクチュアズがアニメーション制作を手掛けた、TVシリーズ『トロン:ライジング』『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『トランスフォーマー プライム』の3作品が、第41回アニー賞の4部門にノミネートされた。

アニー賞は、国際アニメーション協会(ASIFA)が主催する賞で、ASIFAのハリウッド支部(ASIFA-Hollywood)に所属する会員の投票により受賞作品が決定する。

第40回アニー賞では、同社が手掛けた『トロン:ライジング』が「キャラクターデザイン部門賞」「美術部門賞」の2冠を達成。昨年に引き続きのノミネートとなり、今回は「最優秀TVアニメーション部門」にノミネートされている。

第41回アニー賞の授賞式は、現地時間2014年2月1日(土)に、ロサンゼルスにて行われる予定。

 ------------

【ノミネート部門】

『トロン:ライジング(Tron: Uprising)』
・最優秀TVアニメーション部門(Best General Audience Animated TV/Broadcast Production)

『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』
・編集部門(Outstanding Achievement, Editorial in an Animated TV/Broadcast Production)
・キャラクターアニメーション部門(Outstanding Achievement, Character Animation in an Animated Television/Broadcast Production)

『トランスフォーマー プライム』
・美術部門(Outstanding Achievement, Production Design in an Animated TV/Broadcast Production)

 ------------

【『トロン:ライジング(Tron: Uprising)』について】
アメリカ・ディズニーXDにて放映中の『トロン:アップライジング(Tron: Uprising)』は、映画『トロン』シリーズを題材にしたTVアニメーションです。洗練された映像だけでなく、俳優のイライジャ・ウッドが主人公ベックの声を担当するなど豪華キャストも話題の作品です。

【『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』について】
『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』は、映画『スター・ウォーズ』を題材にしたTVアニメーションシリーズ。「クローン大戦」を描く物語が、フルCGアニメーションで壮大なスケールで描かれます。

【『トランスフォーマー プライム』について】
司令官オプティマスプライムをリーダーとする正義の軍団が、人類と地球の平和を守るために戦うフルCG・ロボットバトル。「シーズン3」まで制作された、大ヒットTVシリーズです。

 

公式URL: http://annieawards.org/

| インフォメーション |
第41回 アニー賞ノミネート作品発表!ポリゴン・ピクチュアズ制作の『トロン:ライジング』『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』『トランスフォーマー プライム』が「最優秀TVアニメーション部門」など4部門にノミネート!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。