TVアニメ『ハイキュー!!』、819(ハイキュー!!の日)を記念し、ご当地・仙台で開催された【ハイキュー!!ウィークin仙台】のオフィシャルレポートが到着

ハイキュー!!

(C) 古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

毎週日曜日夕方5時よりMBS・TBS系全国28局ネットで放送されているテレビアニメ『ハイキュー!!』。第2クールも佳境に入り、熱戦の宮城県インターハイ予選3回戦、烏野高校 vs. 青葉城西戦が展開中。そんなアニメの盛り上がりを受け、8月18日(月)~24日(日)にかけて【ハイキュー!!ウィークin仙台】が開催されました。

■ハイキュー!!ウィーク in 仙台イベントレポート
【開催期間】2014年8月18日(月)~8月24日(日)プレスリリース

<烏野高校排球部後援会激励会>
トークイベント

8月23日(土)に仙台駅前EBeanS10F屋上会場で開催された、“烏野高校排球部後援会激励会”スペシャルトークイベント。登壇したのは、村瀬歩さん(日向翔陽役)と石川界人さん(影山飛雄役)。またMCは仙台出身でもある、『ハイキュー!!』担当編集のニセ潔子こと、本田佑行さんが務めました。

快晴のなか行われたイベントは、入場者特典のハチマキを巻いたファンによる“激励会”仕様の大きな拍手でスタート。最初のテーマは、ご当地・仙台の印象について。イベント前にお二人は、地元の牛タンに舌鼓をうち、富沢の仙台市体育館にも足を運んだとのこと。

「アニメでも坂道に緑がたくさんあるのが印象的でしたが、実際に来てみて、やっぱり『杜の都』だなあと思いました(村瀬さん)」「仙台市体育館の前の道を曲がったとき、思わず『オープニングだ!』と声を上げてしまいました(石川さん)」など、ついに辿り着いた聖地にお二人も感慨深げ。

次の“烏野排球部報告会”コーナーでは、収録エピソード・IH宮城予選3回戦に突入した本編の印象に残っているシーン・今後の見どころについてコメント。

「アフレコスタジオは人数も多くすごい熱気で、毎回汗を流しながらやっています(村瀬さん)」「マイクワークが本当の試合みたいです(石川さん)」と、収録現場は本編さながらに熱い様子。一方で、「傍から見ていても、キャストさんの関係が実際に烏野メンバーのよう(本田さん)」というコメントのとおり、澤村役・日野聡さんのどっしりとした存在感や、及川役・浪川大輔さんが、笑いを交えながら現場の雰囲気を良くしていく様子など、役とキャストの佇まいがとても近づいてきているとか。

印象に残ったシーンでは、村瀬さんは仙台市体育館に足を運んだこともあり、第1話で日向が影山に「おれが一番長くコートに立ってやる!」を挙げました。石川さんは第20話での影山の焦りが「僕自身のプライベートな焦りとも重なって、自然に心を込められました(笑)」とコメント。

また第10話で「エースに憧れながら、嫉妬もしている日向を見抜いた影山が、囮の重要性を語り、トスをあげるシーン」は二人とも息が合ったことを実感したというエピソードも。

今後の見どころについては、「菅原さんの活躍や、それを見る影山の様子に注目してほしいです(石川さん)」「第25話で、もう倒れるんじゃないかというくらい力を込めたシーンをぜひ見てください!(村瀬さん)」と呼びかけました。

トークイベント

続いてQ&Aコーナーに。「いちばん言い辛かった台詞は?」という質問に、村瀬さんは「“1センチを”、“1ミリを”、1秒速く頂(てっぺん)へ!」を挙げ、ブレスの入れ方が難しい中で、日向の気持ちに追いつくのが難しかったと回答。石川さんは「ナイスレシーブ」を挙げ、サ行が続いていたため『スェズズズ』のようになってしまったとか。「自分が演じているキャラ以外で演じてみたいのは?」という質問では、月島の台詞「山口うるさい」を呟く石川さんと、孤爪の「うん、楽しみにしてる」をささやく村瀬さんに、会場は満場の拍手。

さらにプレゼントコーナーでの、村瀬さん・石川さんのサイン入りポスターが当たる豪華抽選会を経て、あっという間にエンディングへ。「アニメはもうちょっとですが、キャストも毎回気持ちを1つにしてアフレコに臨んでいるので、ぜひ最後までご覧ください(村瀬さん)」、「会場にいる気持ちで応援してください!(石川さん)」とご挨拶。締めの挨拶では、お二人の「烏野ーファイ!」という掛け声にファンから「オー!」と大きな声が返り、“激励会”イベントは終了しました。

 

<仙台駅前EBeanS屋上特設展示&特設ショップ>
仙台駅前EBeanS 屋上特設展示&特設ショップ
仙台駅前EBeanS 屋上特設展示&特設ショップ
仙台駅前EBeanS 屋上特設展示&特設ショップ
屋上には日向・影山の速攻を再現した、等身大パネルや「飛べ」が登場。テントの中には、場面カットとともに本編を辿るパネルコーナーも。

仙台駅前EBeanS 屋上特設展示&特設ショップ
仙台駅前EBeanS 屋上特設展示&特設ショップ
烏野排球部の部室を再現。部員のロッカーには、日向は少年ジャンプ・田中はダンベルなど、キャラクターにちなんだアイテムが。仙台ならではの牛タン屋台も。

仙台駅前EBeanS 屋上特設展示&特設ショップ
仙台駅前EBeanS 屋上特設展示&特設ショップ
仙台駅前EBeanS 屋上特設展示&特設ショップ
特設ショップでは、イベント限定Tシャツや、宮城県限定グッズも販売。

 

<仙台市内パネルラリー>
仙台市内パネルラリー00
▲日向/仙台駅前 EBeanS 4F 特設展示内

仙台市内パネルラリー01
▲影山/タワーレコード仙台パルコ展(仙台パルコ8F)内

仙台市内パネルラリー02
▲澤村/オフィスベンダー 文具の杜(ショップ&ワンダー アエr4F)内

仙台市内パネルラリー03
▲菅原/TSUTAYA 仙台駅前店内

仙台市内パネルラリー04
▲田中/アニメイト仙台内

仙台市内パネルラリー05
▲東峰/さくら野百貨店仙台店内

仙台市内パネルラリー06
▲西谷/仙台ロフト内

仙台市内パネルラリー07
▲月島/エスパル仙台(本館)内

仙台市内パネルラリー08
▲山口/仙台駅前 EBeanS 屋上

仙台市内パネルラリー09
▲清水/仙台駅前 EBeanS 特設ショップ内

仙台市内パネルラリー10
▲烏養&武田/仙台デザイン専門学校内

仙台市内パネルラリー11
▲及川/八木山ベニーランド内

 

■ヒナガラスが“仙台バレーボール親善大使”に就任!!
8月28日(木)に仙台市役所で“仙台バレーボール親善大使”への委嘱式に臨むヒナガラス。奥山恵美子仙台市長より委嘱状を授与されると、「『ハイキュー!!』のご当地・仙台、そしてバレーボールを盛り上げるべく、全力でがんばるピヨ!」と抱負を語った。

ヒナガラス委嘱式
ヒナガラス委嘱式
ヒナガラス委嘱式

 

■第2クールエンディング・テーマ“LEO”(2014.9.10 release)アニメ描き下ろしスリーブケースのデザインが解禁!

第2クールエンディング・テーマ “LEO”

初回生産限定盤【CD】¥1,400 (税込)
※初回生産限定盤仕様:TVアニメ「ハイキュー!!」描きおろしイラストスリーブケース仕様
通常盤【CD】¥1,100 (税込)

 

---------------

◇原作新刊リリース情報◇
ハイキュー!! 13 (ジャンプコミックス)
著:古舘 春一
2014/10/03発売
「ハイキュー!!」の関連商品を検索
(Amazon.co.jp)

---------------

 

◇テレビアニメ放送情報◇
・MBS、TBS系列28局ネット
 毎週(日)17:00~

毎日放送(MBS)/TBSテレビ(TBS)/北海道放送(HBC)/青森テレビ(ATV)/IBC岩手放送(IBC)/東北放送(TBC)/テレ ビユー山形(TUY)/ テレビユー福島(TUF)/新潟放送(BSN)/チューリップテレビ(TUT)/ 北陸放送(MRO)/テレビ山梨(UTY)/信越放送(SBC)/静岡放送(SBS)/ 中部日本放送(CBC)/山陰放送(BSS)/山陽放送(RSK)/中国放送(RCC)/ テレビ山口(tys)/あいテレビ(itv)/テレビ高知(KUTV)/RKB毎日放送(RKB)/長崎放送(NBC)/熊本放送(RKK)/大分放送 (OBS)/宮崎放送(MRT)/南日本放送(MBC)/琉球放送(RBC)

<スタッフ>
○ 原作:古舘春一(集英社「週刊少年ジャンプ」連載中)
○ 監督:満仲勧
○ シリーズ構成:岸本卓
○ キャラクターデザイン:岸田隆宏
○ 総作画監督:千葉崇洋、海谷敏久
○ アクション設定:甲斐泰之
○ 美術監督・設定:立田一郎
○ 色彩設計:佐藤真由美
○ 撮影監督:中田祐美子
○ 3DCGI:ダンデライオン
○ 編集:植松淳一
○ 音響監督:菊田浩巳
○ 音楽:林ゆうき、橘麻美
○ アニメーション制作:Production I.G

<キャスト>
○ 日向翔陽:村瀬歩
○ 影山飛雄:石川界人
○ 澤村大地:日野聡
○ 菅原孝支:入野自由
○ 田中龍之介:林勇
○ 東峰旭:細谷佳正
○ 西谷夕:岡本信彦
○ 月島蛍:内山昂輝
○ 山口忠:斉藤壮馬
○ 縁下力:増田俊樹
○ 清水潔子:名塚佳織
○ 武田一鉄:神谷浩史
○ 烏養繋心:田中一成
○ 及川徹:浪川大輔
ほか

 

<関連リンク>
TVアニメ『ハイキュー!!』公式サイト
ハイキュー!!.com
ハイキュー!! 公式twitterアカウント

(C) 古舘春一/集英社・「ハイキュー!!」製作委員会・MBS

| イベント情報 |
TVアニメ『ハイキュー!!』、819(ハイキュー!!の日)を記念し、ご当地・仙台で開催された【ハイキュー!!ウィークin仙台】のオフィシャルレポートが到着
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。