2016年1月スタート!TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』メインキャラクターのキャスト&設定画像が到着!

灰と幻想のグリムガル

(C)2016十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

新作テレビアニメ『灰と幻想のグリムガル』より、メインキャラクターのキャスト情報と設定画像が到着!

主人公・ハルヒロ役は『アルスラーン戦記』『ハイキュー!!』など数多くの話題作にて、主要なキャラクターを幅広く演じ分ける実力派声優・細谷佳正さん。ハルヒロとパーティを組み、ともに「グリムガル」の世界を生き抜いていく仲間たちについては、お調子者のランタ役に吉野裕行さん。リーダー的存在のマナト役に島﨑信長さん。おっとりしているモグゾー役に落合福嗣さん。天真爛漫なユメ役に小松未可子さん。引っ込み思案なシホル役に照井春佳さんの起用が決定した。また、キャスティングについて、中村亮介監督からのコメントも到着。

『灰と幻想のグリムガル』は、主人公・ハルヒロが、特別な力も記憶すらももたずに迷い込んでしまった世界・グリムガルにおいて、“生きるために” 過酷な環境や仲間との絆に向き合っていく様を描いた青春群像×ファンタジー作品。2016年1月よりTVアニメの放送が予定されている。

----

ハルヒロ
ハルヒロ(CV:細谷佳正)
目立たない存在で、普通であることを誰よりも自覚している。
聞き上手な一面があり、チームで唯一のツッコミ役。
主に偵察や、短剣での側面支援などを担う。

<中村監督コメント>
細谷くんは指名でキャスティングしました。自分が脚本を担当した別作品のアフレコで、細谷くんの収録を生で見て、集中力の高さと、その結果リラックスした自然な芝居が印象に残りまして。演技をしているように見えない、つまりそれは素晴らしい演技だということなわけですが、ハルヒロというこの作品の語り手・主人公として、彼しかいないとずいぶん初期の頃から考えていました。

----

ランタ
ランタ(CV:吉野裕行)
お調子者でよくしゃべる。
口が悪く周囲を怒らせてしまうことが多々ある。
使用武器は長剣で、目立ちたがり屋ゆえに派手な戦闘スタイルを好む。

<中村監督コメント>
実は一番むずかしい役だと思っていまして。というのはランタという役柄が、一見ステレオタイプにとらえられがちだという点ですね。吉野さんにお願いしたのは役者としての総合力が決め手で、実は一番奥深く、さまざまな要素を演じ分ける必要があるランタという役柄を、吉野さんとならば作って行けると思いました。

----

マナト
マナト(CV:島﨑信長)
パーティのリーダーでまとめ役。聡明で優しい。
どこか陰があるようにも見える。
回復魔法による後方支援だけでなく、前衛での近接戦闘も担う。

<中村監督コメント>
オーディション時に、島﨑くんに役柄や作品についてあれこれ質問されたのですが、その的確さや、収録が始まってからのディレクションに対する、反応の勘の良さが印象に残りました。とてもイケメンなお声で、もちろんそれもキャスティング理由なわけですが、この作品の他の役すべてがそうであるように、マナトも単純な一面だけではないので、彼と一緒にこのキャラクターを掘り下げていけるのが、今から楽しみです。

----

モグゾー
モグゾー(CV: 落合福嗣)
身体が大きくおっとりしている。料理上手。
動きは少し遅いが、大剣を振りかざして最前線で戦う、チームの盾役。変わった叫び声をあげる。

<中村監督コメント>
キャスティングの決め手は存在感です。ねらってできる部分ではないですね。実は事前の候補出しのオーダーからは外れた声のゾーンだったのですが、モグゾー本人としか思えない説得力に、もう一度モグゾー役について先入観を外して再考しまして。あらためてモグゾーは彼だと思いました。そう思わせるだけの何かがあったのだと思います。プロデューサー陣は驚いていました。

----

ユメ
ユメ(CV:小松未可子)
明るく天然で、飾らない性格。関西弁のような言葉で話す。
弓を使用し、対象を後方から狙い撃つ役割だが、かなり苦手。剣鉈での近接攻撃のほうが得意。

<中村監督コメント>
ユメというキャラクターはいわゆる天然なわけですが、その天然さを視聴者にアピールする芝居よりも、自然とそう見える演技を求めていました。天然という言葉を記号的な意味より広く解釈して、身近にいそうな感じ――と言いますか。この身近さという距離感も、ユメというキャラクターにとって大事な要素だと思っています。他に清潔感、りりしさ、柔らかさ、やさしさ、ユメにとって必要な全てがあると思いました。

----

シホル
シホル(CV:照井春佳)
引っ込み思案。臆病だが、真面目で頑張り屋さん。
魔法による遠距離からの攻撃を狙うが、
性格が災いして、詠唱に失敗することも。

<中村監督コメント>
シホルもステレオタイプな解釈になりやすい役柄でして、そこを意識するとオーバーアクトしやすいキャラクターでもあります。監督が第三者的な立場からシホルに求めるものは多いのですが、それをねらわずに芝居に没頭して、結果的にシホルになっていた照井さんをキャスティングさせて頂きました。実はオーディションのあるシーンが決め手になったのですが、それは本編のお楽しみということで。僕も収録が楽しみです。

(C)2016十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

********

◇テレビアニメ放送情報◇
・2016年1月より放送スタート

<スタッフ>
原作:十文字 青
原作イラスト:白井鋭利
監督・脚本:中村亮介
キャラクターデザイン:細居美恵子
制作:A-1 Pictures

<キャスト>
○ ハルヒロ:細谷佳正
○ ランタ:吉野裕行
○ マナト:島﨑信長
○ モグゾー:落合福嗣
○ ユメ:小松未可子
○ シホル:照井春佳 他

<イントロダクション>
生きるって、簡単じゃない。
目が覚めると、ハルヒロは暗闇の中にいた。
ここがどこなのか、なぜここにいるのか、そしてどこから来たのかもわからないまま。
周りには自分と同じ境遇らしき数名の男女。
彼らとともに暗闇から踏み出した先には見たことのない世界、
「グリムガル」が広がっていた……。
記憶も、お金も、特別な力も――、
何もない僕たちが手に入れた現実。

灰と幻想のグリムガル level.6 とるにたらない栄光に向かって (オーバーラップ文庫)
灰と幻想のグリムガル level.6 とるにたらない栄光に向かって (オーバーラップ文庫)
原作:十文字 青
原作イラスト:白井鋭利
(C)十文字青/オーバーラップ イラスト:白井鋭利
「灰と幻想のグリムガル」の関連商品を検索
(Amazon.co.jp)

 

<関連リンク>
『灰と幻想のグリムガル』アニメ公式サイト
『灰と幻想のグリムガル』公式Twitter

2016年1月スタート!TVアニメ『灰と幻想のグリムガル』メインキャラクターのキャスト&設定画像が到着!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。