『エンピツ戦記』出版記念トークイベント&サイン会、挿絵イラスト展開催!

中央公論新社より2015年11月25日水曜日に発売される「エンピツ戦記-誰も知らなかったスタジオジブリ」の出版を記念して、トークイベント&サイン会および挿絵イラスト展示会を開催。

「エンピツ戦記」は、「となりのトトロ」から「思い出のマーニー」まで、ジブリ作品のアニメーターとして活動した著者・舘野仁美さんによる回顧録。

イベント会場は、著者の舘野仁美さんが現在オーナーシェフとして厨房に立つササユリカフェ。
ササユリカフェは夏に吉田健一さんの初の個展も開かれてアニメファンやクリエイターも多く集う店になっています。

---

「エンピツ戦記」出版記念 トークイベント&サイン会
日時:2015年11月29日(日)18:00~20:00
会場:ササユリカフェ(中央・総武線西荻窪駅徒歩3分)
内容:著者の舘野仁美さんと挿絵イラストを描いた大橋実さんのおふたりで、エンピツ戦記には
書ききれなかったスタジオジブリでのエピソードを語っていただきます

「エンピツ戦記」出版記念挿絵イラスト展示会
会期:2015年11月26日(木)~12月28日(月)まで展示予定
(展示中カフェは通常営業いたします)
会場:ササユリカフェ(中央・総武線西荻窪駅徒歩3分)
内容:エンピツ戦記のために大橋実さんが書き下ろしたイラストや下書きや未採用の原稿などを展示いたします。もう二度とみることができないだろう原稿は必見です

********

また、著者である舘野仁美さんが出版に際して、メッセージを公開。宮崎駿監督の素敵なエピソードが含まれた著者コメントになっています。

<著者・舘野仁美さんコメント>
『となりのトトロ』というスタジオジブリ作品について、とても心に残っている宮崎監督の言葉があります。
『トトロ』が好きすぎて、ビデオを何百回もご覧になった方や、お子様の子守り用に『トトロ』の映像をエンドレスで流しているとおっしゃる方のお話を聞くたびに、宮崎監督は「ありがとう」と答えながらも、少し複雑な表情を浮かべるのでした。
ビデオテープがすり減るほど観ていただけるのは、監督としてとても有難いことなのだと思います。
でも、後でポツリと「『トトロ』を観るのは年に1回、お誕生日にしてほしいんだ」とさみしそうにつぶやいていたのです。
年に1度のとっておきのプレゼントに『トトロ』を観てほしい。
そんなロマンティックなことを、宮崎監督は考えていらしたんですね。
宮崎監督はそんな素敵な方です。
このエピソードは本編には載せていませんが、『エンピツ戦記』は私がアニメーターとして27年間ジブリで体験してきたあれこれをつづった回想録です。あまり表に出ない裏方のアニメーターたちの流した汗と涙をみなさまに知っていただけましたら幸いです。

『エンピツ戦記』の著者コメントとして 2015/11/2 舘野仁美

********

エンピツ戦記 - 誰も知らなかったスタジオジブリ
エンピツ戦記 – 誰も知らなかったスタジオジブリ
2015/11/21発売
(Amazon.co.jp)

 

<関連リンク>
「エンピツ戦記」 まとめ サイト

『エンピツ戦記』出版記念トークイベント&サイン会、挿絵イラスト展開催!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。