「無彩限のファントム・ワールド」先行上映会イベントレポート到着!

無彩限のファントム・ワールド

1月から放送開始となるTVアニメ「無彩限のファントム・ワールド」の第1話先行上映会とトークイベントが、12月24日(木)に丸の内ピカデリーにて開催された。

第1話上映終了後に行われたトークイベントに登場したのは、一条晴彦を演じる下野紘さん、川神舞を演じる上坂すみれさん、和泉玲奈を演じる早見沙織さん、水無瀬小糸を演じる内田真礼さん、熊枕久瑠美を演じる久野美咲さん、そして監督の石原立也さんの六名で、皆クリスマスに合わせた衣装で現れ会場を沸かせた。

作品紹介のトークでは、石原監督を中心に「楽しいコミカルな作品」であることが話題となり、皆が肩肘張らずに楽しむことができる内容になっていることが語られた。

作品トークの後には、キャスト五名による作品の世界観に絡めたゲームコーナが行われた。
1つ目のゲームコーナーは身の回りに潜んでいるかもしれないファントムを想像するゲーム「世にも奇妙なファントム」。ボックスから引いたお題のワードをもとにどんなファントムか想像する企画であったが、「ガラケー」「クリスマスの靴下」というお題を相手に悪戦苦闘しながらも、ファントム達のストーリーを思い描いていった。

2つ目のゲームコーナーは、キャストの中から特異能力者を炙りだすという名目のもと行われた大喜利企画「特異能力者チェック!」。
こちらはスケッチブックに質問の答えを書いていくという企画であったが、最後の「スペイン語で『山羊の血を吸う者』という意味の未確認生物とは何?」という質問に対して珍回答が続出。全員が思い思いの未確認生物の絵を書いた結果、奇妙な生物たちが誕生し、会場は大きな笑いに包まれた。

登壇者同士の掛け合いから、作品に対するチームの一体感や楽しい現場の様子が伝わってくるような、終始笑いの絶えない温かい空気のままイベントは終了した。
『無彩限のファントム・ワールド』は、「ファントム」と呼ばれる、幻と思われている存在と戦う学生たちを描いた、学園異能ファンタジーである。京都アニメーションが制作、監督は今回登壇した石原立也さんが手掛ける期待作となっている。監督ご自身で最後の締めとして話していた「10年目の作品ということで気合が入っている」という言葉からも、期待が高まる作品となりそうである。

「無彩限のファントム・ワールド」先行上映会 「無彩限のファントム・ワールド」先行上映会 「無彩限のファントム・ワールド」先行上映会

*****

◇テレビアニメ放送情報◇
・ABC朝日放送
 1月6日より毎週(水)26:14~
・TOKYO MX
 1月6日より毎週(水)24:00~
・テレビ愛知
 1月6日より毎週(水)26:05~
・BS11
 1月7日より毎週(木)24:00~

ニコニコチャンネル
1月8日より毎週(金)12:00~
ニコニコ生放送
1月8日より毎週(金)23:00~

※放送日時は変更となる場合が有ります。

<イントロダクション>
『ファントム』――
それは幽霊・妖怪・UMAなど、人々がそれまで〝幻〟だと思い続けてきた存在。そのファントムに対抗するため学園に設置された『脳機能エラー対策室』。
そこに所属する一条晴彦は、先輩の川神舞と共にファントム退治に日々悪戦苦闘していた。そんな彼らの元に、今日もまた依頼が飛び込んでくる――。
魅惑誘惑幻惑の学園異能ファンタジー。

<スタッフ>
原作:秦野宗一郎(KAエスマ文庫/京都アニメーション)
原作イラスト:しらび
監督:石原立也
シリーズ構成:志茂文彦
キャラクターデザイン:池田和美
総作画監督:池田和美
美術監督:渡邊美希子
色彩設計:宮田佳奈
小物設定:唐田洋
ファントムデザイン:澤真平
撮影監督:中上竜太
音響監督:鶴岡陽太
音楽:EFFY
アニメーション制作:京都アニメーション
製作:秦野宗一郎・京都アニメーション/無彩限のファントム・ワールド製作委員会

 

<関連リンク>
『無彩限のファントム・ワールド』アニメ公式サイト

『無彩限のファントム・ワールド』公式Twitter

「無彩限のファントム・ワールド」先行上映会イベントレポート到着!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。