ポニーキャニオン制作「佐賀県を巡るアニメーション」メインキャスト4人のコメントが到着!

佐賀県を巡るアニメーション アフレコ

1月29日(金)、都内スタジオにて佐賀県内を舞台にした企画・佐賀県文化課、制作・ポニーキャニオンで送る「佐賀県を巡るアニメーション」2作品のアフレコが実施された。

有田町を舞台にした「約束の器 有田の初恋」では内山淳役の下野紘、秋野奈緒役の早見沙織が、武雄市を舞台にした「冬の誓い 夏の祭り 武雄の大楠」は山口凛子役の東山奈央、颯太役の島﨑信長が、佐賀県内の美しい景色の中で描かれる青春ストーリーを熱演した。

アフレコ終了後に4人からコメントが寄せられた。

「作画全体がすごいなって思いましたね。背景の美しさやリアルさがすごかったし、キャラクターたちもそれに負けじと本当に豊かな表情を見せてくれて・・・そんな中で収録出来て、ホント楽しかったです!」(下野紘)

「映像の中には、実際に佐賀県で撮影された写真たちを落とし込んだシーンも沢山ありました。描かれる建物や伝統工芸は勿論素敵ですが、何気ない街並みを切り取ったシーンにも味わいを感じました。なんとなく、時間がゆっくり流れているように感じられる映像だと思います。」(早見沙織)

「こんな美しい風景が日本にあるんだ!と驚きました。アニメにも出てくる「荒踊り」の起源や「陶山神社」にある踏み切りがドラマティックで、現場でも大盛り上がりでした! アフレコで深川芹亜ちゃんから有田焼のスプーンをもらって、我が家で活躍してくれています!」(東山奈央)

「実際にある建物や風景、文化を反映させた作品だったので、とてもイメージが膨らみました。特に「荒踊り」に関しては、アフレコ現場でも話題になって、調べてみると元々は戦勝祝いに足軽たちが即興的に踊ったことが起源であったり、他にもたくさんの興味深いエピソードがあって、すごく知的好奇心をくすぐられました。」(島崎信長)

2本のアニメーションは「約束の器 有田の初恋」は九州陶磁文化館で、「冬の誓い 夏の祭り 武雄の大楠」は佐賀県立宇宙科学館にてそれぞれ3月12日(土)より公開開始する(鑑賞無料)。

完成を記念して公開開始の3月12日(土)には、佐賀県立宇宙科学館で公開記念イベントも実施が決定した。同イベントでは、2本のアニメーションの完成披露試写と2本の監督を務めた西村純二氏(佐賀県出身)のトークショーが行われる。

<3/12公開記念イベントの応募はこちらから>
佐賀新聞LIVE内の特設ページ
ポニーキャニオンの応募フォーム

<作品概要>
「冬の誓い 夏の祭り 武雄の大楠」
山口凛子(CV・東山奈央)
颯太(CV・島﨑信長)

作品内容:山口凛子は武雄の高校に通う高校2年生。地元の荒踊りの指導をしている幼なじみの颯太のことが気になるが、踏み出せずにいた。友人たちの誘いで宇宙科学館のプラネタリウムに出かける凛子と颯太。そこには8年かかって地球に届いたシリウスの輝きがあった。その輝きは8年前の夏祭りの記憶を導くのであった。季節と時間をまたぐ雄大な大楠に見守られる二人の物語。
(アニメーション制作 セブン・アークス・ピクチャーズ)

「約束の器 有田の初恋」
内山淳(CV・下野紘)
秋山奈緒(CV・早見沙織)

作品内容:
内山淳は有田焼の職人を目指す高校生。源右衛門窯の見学実習に参加するが、独りで作ることにこだわり、壁にぶつかってしまう。そんな淳を心配そうに見守る幼なじみの奈緒。奈緒の言葉にも耳を傾けない淳だったが、彼には幼い日に奈緒と交わした大切な約束があった。有田の風景を舞台に織りなす青春ストーリー。
(アニメーション制作 セブン・アークス・ピクチャーズ)

<PV>
https://youtu.be/x65pW5Teyw8

| 新作アニメ(TV・その他) |
ポニーキャニオン制作「佐賀県を巡るアニメーション」メインキャスト4人のコメントが到着!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。