TVアニメ『Classroom☆Crisis』4月より群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11にてパッケージマスター版を放送!

Classroom☆Crisis

©2015 CC PROJECT

昨年7月に放送されたTVアニメ『Classroom☆Crisis』のパッケージマスター版が、2016年4月よりTOKYO MX、群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11にて放送決定!

◇テレビアニメ放送情報◇
・TOKYO MX
 4月1日より毎週(金)24:00~
・群馬テレビ
 4月1日より毎週(金)24:00~
・とちぎテレビ
 4月1日より毎週(金)24:00~
・BS11
 4月1日より毎週(金)24:00~

※放送日時は変更となる場合が有ります。

<スタッフ>
○ 監督:長崎健司
○ シリーズ構成・脚本:丸戸史明
○ キャラクター原案:かんざきひろ
○ キャラクターデザイン:かんざきひろ・石野 聡
○ アニメーションディレクター:石野 聡
○ 総作画監督:石野 聡・吉岡 毅・倉島亜由美
○ コンセプト美術デザイン:ホッチカズヒロ
○ メカニカルデザイン:田中俊成
○ メカニカルプロップデザイン:赤石沢貴士
○ 色彩設計:岩沢れい子
○ 美術監督:青井 孝・小幡和寛
○ 美術設定:海老澤卓也
○ 撮影監督:後藤晴香
○ 編集:定松 剛
○ 音響監督:藤田亜紀子
○ 音楽:林 ゆうき
○ アニメーション制作:Lay-duce
○ 原作:MONTWO
○ 製作:CC PROJECT

<主題歌情報>
○ オープニングテーマ
「コバルト」
アーティスト:TrySail(アニプレックス)
2015年8月19日発売

○ エンディングテーマ
「アネモネ」
アーティスト:ClariS(SMEレコーズ)

---

<作品あらすじ>
火星に作られた日本の新たな都道府県のひとつ、「第4東京都」。この都市の経済特区である「霧科市」に、航空宇宙事業で名をあげた超一流企業、「霧科コーポレーション」があった。
この会社は様々なジャンルにシェアを広げつつ、「霧科科学技術学園」という私立学校も運営していた。
これだけでも特殊なのだが、さらに異彩を放つクラスが学園内にある。
昼は学園で生徒として勉学に勤しみ、放課後は社員として会社に出社し発展型試作ロケットの開発という重要なプロジェクトに携わっているのだ。
それが「霧科コーポレーション先行技術開発部 教育開発室」――通称「A-TEC」である。
この部署の室長を務める若き天才エンジニア瀬良カイトは、学園に通うA-TECの生徒達の担任教師でもあり、熱血ロケット先生と呼ばれ親しまれて(?)いた。
物語はこのA-TECに転校生がやってくることから始まる。
新しい仲間を迎え入れようとするA-TECだが、火星へ向かう途上で転校生が誘拐されてしまう事件が発生。
この難局を乗り切れるのは自分たちだけだと判断したカイトはA-TECのメンバーたちと共に、前代未聞の救出作戦に乗り出した――

---

 

<関連リンク>
Classroom☆Crisis 公式サイト
Classroom☆Crisis 公式Twitterアカウント

©2015 CC PROJECT

 

| 放送・上映・配信情報 |
TVアニメ『Classroom☆Crisis』4月より群馬テレビ、とちぎテレビ、BS11にてパッケージマスター版を放送!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。