『しおんの王』公式サイトオープン。メインビジュアル到着!

●新作テレビアニメ『しおんの王』の公式サイトがオープン。2007年10月よりフジテレビ他にて放送開始!。

月刊アフタヌーンで連載中の本格的将棋コミック『しおんの王』(原作:かとりまさる/漫画:安藤慈朗)をテレビアニメ化。主人公・紫音を中心に運命的に出会った3人の女流棋士たちの戦いと、紫音の両親の事件を軸に描かれる。

◇テレビアニメ放送情報◇
・フジテレビ
 2007年10月13日(土)深夜

<スタッフ>
○ 原作:かとりまさる・漫画:安藤慈朗(講談社「月刊アフタヌーン」連載)
○ 監督:川瀬敏文
○ シリーズ構成:山田隆司
○ キャラクターデザイン:沼田誠也
○ 美術監督:椋本豊
○ アニメーション制作:スタジオディーン

<キャスト>
○ 安岡紫音:川澄綾子
○ 斉藤 歩:朴ロ美
○ 二階堂沙織:水野理紗
○ 羽仁真:郷田ほづみ
○ 羽仁悟:松風雅也
○ 安岡信次:松本保典
○ 安岡幸子:國府田マリ子
○ 神園修:中尾隆聖

<ストーリー>
ある家族を襲った事件。
夫婦が惨殺され幼い少女だけが生き残った。
事件を機に声を失ってしまう少女・紫音。
生きていくために少女が手にしたものは将棋だった・・・。

事件後、隣に住む将棋のプロ棋士の家庭に引き取られた彼女は運命の糸に導かれるかのように棋士の道へと歩みを進めることになる。周囲の愛情に育まれ、将棋の才能を伸ばしていく彼女の前にあらわれるライバル達。
そして友との出会い。

繰り広げられる戦いを重ねていく内、やがて少女は気高き将棋の世界の中、自分の運命と両親を奪った事件に向き合っていくのだった。
その先に待っているのは・・・。
―希望の光。それとも、深淵の闇。

紫音の両親はなぜ殺されたのか?紫音はなぜ生き残ったのか?
そして、彼女の声はなぜ封印されたのか?
紫音を取り巻く謎。紫音を手招く高み。
将棋の世界で戦う少女の成長と葛藤を描き出す。
ココロが叫ぶ。未来に進め!と。

しおんの王
(C)かとりまさる・安藤慈朗・講談社/「しおんの王」製作委員会

<キャラクター紹介>
○安岡紫音(やすおか しおん) ※上記イラスト中央
  幼い頃に両親を殺されたショックで言葉を失う。
  プロ棋士である義父の影響で将棋を始め、棋士を目指す。

○斉藤 歩(さいとう あゆみ) ※上記イラスト右
  紫音が出会うライバルの一人。神園門下。
  とある事情のため、将棋を指している。

○二階堂沙織(にかいどう さおり) ※上記イラスト左
  棋士としては紫音や歩の先輩にあたる。
  裕福な家庭に育ったお嬢様。

○羽仁 真(はに まこと)
  名人。沙織の兄弟子。

○羽仁 悟(はに さとる)
  名人の弟であり、実業家。
  幼い頃は名人である兄とよく将棋を指していたらしい。

○安岡信次・幸子
  両親を殺された紫音を引き取り育ててきた夫婦。
  実の娘のように紫音に愛情を注いでいる。

○久谷啓司(ひさたに けいじ)
  紫音の兄弟弟子。いつも紫音を見守っている兄のような存在。

○神園 修(かみぞの おさむ)
  歩の師匠。

○横山刑事
  紫音の両親の事件を追っている刑事。
  紫音を見守りながら、定年までに必ず犯人を逮捕しようと
  捜査している。

 

しおんの王 公式サイト:
http://www.shion-oh.com/

※プレス情報

| 新作アニメ(TV・その他) |
『しおんの王』公式サイトオープン。メインビジュアル到着!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。