今冬放送『狼と香辛料』のキャストが決定!キャラクター設定画像&監督・原作者からのコメントを紹介

狼と香辛料 ●10月より放送開始の新作テレビアニメ『狼と香辛料』のホロ役とクラフト・ロレンス役の声優が決定!。また、原作著者&イラストレーターと監督からのコメント、キャラクター設定画像が到着したので併せて紹介致します。

◇テレビアニメ放送情報◇
・2008年冬(今冬)放送予定
 全12話(1クール)を予定。

<メインキャスト>
○ ホロ 役 : 小清水亜美
○ クラフト・ロレンス 役:福山 潤

<原作著者&イラストレーター&監督からのコメント>
○電撃文庫『狼と香辛料』原作者:支倉凍砂
 アニメになって、音声がつくこともキャラが動くことも嬉しいですが、実は一番は自分以外の誰かが『狼と香辛料』を作ってくれるということそのものだったりします!とかちょっと格好つけたことを言ってみたかったのです。
もちろん、キャラが動いて喋って嬉しくないわけがあろうか!
いや、ない! 絵コンテの時点でわくわくどきどきです。
皆様も是非是非ご期待ください。

○電撃文庫『狼と香辛料』イラストレーター 文倉十
 アニメ化、それもこんなに早くされることになるなんて本当に驚きでした。
ロレンスとホロの旅がアニメではどのように描かれるのか……動いて喋る二人が今からとても楽しみです。
わさわさ動くホロの尻尾が早く見たい……!

○アニメ『狼と香辛料』監督 高橋丈夫
 僕自身原作の大ファンでもありました……少し、いや、かなり緊張気味です。少女のようみ可愛いけど老獪なホロ。商い上手でも女心はまるでわからないロレンス。原作のキャラクター性を損なわずに軽快なやりとりを楽しんで貰える映像を創りあげるべく日々奮闘しています。
会話劇が中心とはなりますが、そこは何といっても「アニメーション」、活字と世界を飛び出して動きだすホロの魅力を伝えたいです。原作ファンの多い作品ですがその期待に応えられるようにアニメならではの仕掛けを盛り込んでいきますのでぜひ最終話まで楽しんで貰いたいです。
アニメ版にはクロエというオリジナルキャラクターも登場しますのでその活躍にもご注目ください。

*********

ホロ全身 ホロ表情
(C)支倉凍砂・メディアワークス/「狼と香辛料」製作委員会
■ホロ・・・賢狼(CV:小清水亜美)
 15歳ほどの可憐な少女の姿に狼の耳と、先の白い尻尾を持つ。自らを『ヨイツの賢狼』と名乗り、かつては“豊作の神”と崇められていたが、その本性は巨大な狼。パスロエの村でロレンスが仕入れた麦束に移ることで村から脱出したホロは、ロレンスと共に北の故郷を目指す行商の旅に出ることに。言動は奔放だが、風格ある知恵と狼としての身体能力により、度々窮地のロレンスを救った。しかし、長生きが故に孤独に対して脆い一面も。

ロレンス全身 ロレンス表情
(C)支倉凍砂・メディアワークス/「狼と香辛料」製作委員会
■クラフト・ロレンス・・・行商人(CV:福山 潤)
 各地を巡り旅に生きる、25歳の行商人。ひょんな事から「賢狼」を名乗る少女、ホロに出会い、その可憐な容姿に密かに想いを寄せてゆく。そのホロの老獪な言動に翻弄されながらも、時には気遣い、時に衝突しながら事件を乗り越える度にホロとの絆を深めていく。行商人としては地位を築きつつあり、頭脳明晰でもあるが、道中のホロとの会話では翻弄されっぱなし。何とか一泡吹かせようと試みるが、ことごとくあしらわれて「かわいい子」扱いされてしまう。将来はどこかの町に自らの店を構え、伴侶を得ることが夢。

 

◇原作小説最新刊発売中◇
狼と香辛料 5 (5) (電撃文庫 は 8-5) 狼と香辛料 (電撃文庫) 狼と香辛料〈2〉 (電撃文庫) 狼と香辛料〈3〉 (電撃文庫) 狼と香辛料 (4)
(Amazon.co.jp)

 

<関連リンク>
狼と香辛料 公式サイト

(C)支倉凍砂・メディアワークス/「狼と香辛料」製作委員会

※プレス情報

| 新作アニメ(TV・その他) |
今冬放送『狼と香辛料』のキャストが決定!キャラクター設定画像&監督・原作者からのコメントを紹介
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。