『紅』DVD第6巻(最終巻)2008年12月17日発売。

●テレビアニメ『紅』の第6巻(最終巻)が、2008年12月17日に発売。第6巻には、本編第11話「われ思考う」、第12話「われ存在り」を収録のほか、映像特典「本編未収録シーン」、音声特典「キャスト、スタッフによるオーディオコメンタリー」を収録。初回版には、山本ヤマト描き下ろしイラストを使用した「紫」ポスターが同梱されるとのこと。

紅 DVD 6 
▲キャラクターデザイン石井久美描き下ろしジャケット
(C) 片山憲太郎・山本ヤマト / 集英社・「紅」製作委員会

紅 DVD 6 
▲初回特典特典
山本ヤマト描き下ろしイラスト使用 紫スリムポスター(515mm×182mm)
(C) 片山憲太郎・山本ヤマト / 集英社・「紅」製作委員会

<初回・通常版共通特典>
・スーパージュエルボックスケース仕様・ピクチャーレーベル
・8ページブックレット封入
・映像特典 本編未収録シーン(コンテ絵+プレスコ音声)
・音声特典 キャスト、スタッフによるオーディオコメンタリー
        (出演:沢城みゆき<紅真九郎役>、松尾衡監督)

<あらすじ>
第11話「われ思考う」

 真九郎は紅香と弥生と共に、九鳳院の屋敷へと突入を開始する!次々に襲い掛かる数多の護衛を倒して、奥へと歩を進めていく真九郎たち。そんな彼らの前に、リン・チェンシンが立ちはだかる!彼女の相手を弥生に任せて、真九郎と紅香はついに紫がいる奥ノ院に辿り着く。女中や護衛の男たちの抵抗を退けながら内部へ進行する真九郎と紅香の前に、紫と竜士がその姿を現す。紫を連れて行こうとする真九郎だが、紫の思いがけない一言が…。

第12話「われ存在り」
圧倒的な実力を誇るリンと、激しい戦いを繰り広げる真九郎たち。彼らの前に、九鳳院家の現当主である蓮丈が姿を現す!蓮丈は、話し合いの場を設けたうえで、真九郎たちを屋敷の外へ追い出そうとする。しかし、真九郎は紫ともう一度話をするために、単独で再度屋敷への侵入を試みる。そして始まる、真九郎たちと九鳳院家との最後の戦い。はたして、真九郎は紫の笑顔と平和な日々を取り戻すことができるのだろうか…!?

****************************

◇DVDリリース情報◇
紅 6 [DVD]
紅 6 [DVD]
2008年12月17日発売 予約受付中
「紅」DVDのご購入はこちら
(Amazon.co.jp)

****************************

 

紅 kure-nai 公式サイト:
http://www.samidareso.com/

[プレスリリース]

| Blu-ray・DVD発売情報 |
『紅』DVD第6巻(最終巻)2008年12月17日発売。
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。