EAとSTARZ MEDIA『ダンテズ・インフェルノ(仮)』のアニメ映画制作を発表

●エレクトロニック・アーツ社 とStarz Mediaの Film Roman は、不朽の名作「ダンテズ・インフェルノ」(邦題:ダンテの「神曲」)に基づいたアニメ映画の制作を発表。

アニメ映画は、2010年に発売が予定されているPlayStation3/Xbox 360向けゲーム『ダンテズ・インフェルノ(仮)』の一部を補うものとなっており、ゲームの世界を更に深く掘り下げる作品になるとのこと。

原作とゲームは、プレイヤーを九つの地獄へと導くが、本長編アニメ映画でもダンテが最愛のベアトリーチェを探して「辺獄」「愛欲」「大食」「貪欲」「憤怒」「異端者」「暴力」「悪意」「裏切り」の地獄をさまよう様が描かれる。

EAとFilm Roman は傑作「神曲」を表現するために業界有数のトップアニメを制作している多数のスタジオに委託し、ゲームとアニメで描かれる九つの地獄を差別化するため、各スタジオから生まれるユニークなビジョンを採用するという革新的な手法を取っているとのこと。

アニメ映画に関しては、現時点で日本での公開及び、公開時期などは発表されていないが、今後情報が出て来次第お知らせしたいと思います。

 

EA:
http://www.eajapan.co.jp/news/12262/

| 新作アニメ映画 |
EAとSTARZ MEDIA『ダンテズ・インフェルノ(仮)』のアニメ映画制作を発表
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。