マイクロソフト『Halo』のアニメプロジェクトを発表。

●マイクロソフト コーポレーションが、米国サンディエゴで開催中のイベント Comic-Con International にて、「Halo」シリーズとその圧倒的な SF冒険物語を、複数のオリジナル アニメ ショートフィルムという全く新しい形で提供する新プロジェクト、『Halo Legends』 (ヘイロー レジェンズ) を発表。

「Helo」シリーズは、Xbox用のシューティングゲームソフトとして発売され、世界のエンターテイメントに一大旋風を巻き起こし、数々の受賞歴を誇る人気シリーズ。ゲームの他にもCDや小説、コミックといった展開も行われている。

アニメ『Halo Legends』は、Microsoft傘下の343 Industriesが制作担当。荒牧伸志監督、押井守監督がクリエイティブ ディレクターを務めるほか、J-Spec Pictures のジョセフ チョウ (Joseph Chou) 氏がプロデューサーを務める。また、「Halo Legends」 プロジェクトには、株式会社ボンズ、カシオエンターテイメント株式会社、Production I.G、STUDIO4?C、東映アニメーションといった大手アニメ制作会社が多数参加する予定。

同作品は、日本での公開も予定されているが、詳細は後日発表されるとのことです。

 

Xbox:
http://www.xbox.com/ja-JP/press/release/20090724.htm

<関連情報>
押井守監督が参加!『Halo』のショート連作アニメ発表
 (Gpara.com)

「Halo」が日本アニメに 荒牧、押井など日本のトップクリエイター集結
 (アニメ!アニメ!)

| 新作アニメ(TV・その他) |
マイクロソフト『Halo』のアニメプロジェクトを発表。
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。