『サイエンスアゴラ2009』特別イベントとして、デジタルリマスター版アニメ『ニルスのふしぎな旅 劇場版』を初上映!

 2009年10月31日(土)~11月3日(火・祝)にかけ、国際研究交流大学村にて開催される『サイエンスアゴラ2009』。その最終日となる11月3日(火・祝)に、特別イベント“デジタルリマスター版アニメ『ニルスのふしぎな旅 劇場版』初上映会”が開催されます!

『ニルスのふしぎな旅』は1980年~1981年にかけ、NHKで放送されていた
TVアニメ。女性初のノーベル文学賞受賞者セルマ・ラーゲルレーヴの児童文学書をアニメ化したこの作品は、日本だけでなく、スウェーデン本国やドイツ、フランス、オランダなどヨーロッパ各国でも放映され世界的に人気を博した作品。「地理や歴史を子どもたちに分かりやすく教える」という目的で書かれた原作の良さを活かしつつ、独自のエピソードを加え、子どもから大人まで楽しめる作品として高く評価されています。

このアニメシリーズは日本を代表するアニメ製作スタジオ「スタジオピエロ(現「ぴえろ」)初製作の作品というだけでなく、当時同社に所属していた若き日の押井守氏が演出として参加するなど、日本のアニメ史にとって欠かすことのできない作品でもあります。押井氏は後に「この作品で演出の全てを学んだ」と語っており、いまや世界的なクリエイターとなった彼の原点とも言うべき貴重な作品です。

今回のイベントでは、原作の翻訳者である菱木晃子氏をゲストに迎え、
TVシリーズの劇場公開用として製作されたものの未公開となった幻の作品にデジタルリマスター処理を施し大画面で初上映します。

<特別上映イベント開催概要>
デジタルリマスター版アニメ
『ニルスのふしぎな旅 劇場版』初上映会

日時:2009年11月3日(火・祝)12:00~14:30
会場:日本科学未来館1階 企画展示ゾーン 特設シアター
(住所:東京都江東区青海2-41)
定員:200名(事前登録不要、当日先着順)
参加料:無料
主催:独立行政法人科学技術振興機構
ゲスト:菱木晃子(北欧文学翻訳家)

※期間中は本イベント以外にも様々なシンポジウムや催しが開かれます。

詳細はこちら

<『サイエンスアゴラ2009』開催概要>
日程: 平成21年10月31日(土)~ 11月3日(火・祝)
会場: 国際研究交流大学村
 (東京国際交流館 東京都江東区青海2-79)
 (日本科学未来館 東京都江東区青海2-41)
 (産業技術総合研究所臨海副都心センター 東京都江東区青海2-41-6)
主催: 独立行政法人科学技術振興機構
共催: 日本学術会議、国際研究交流大学村
後援: 文部科学省、全国中学校理科教育研究会、
    東京都教育委員会、独立行政法人日本学術振興会、
    独立行政法人理化学研究所、独立行政法人宇宙航、
    空研究開発機構、独立行政法人国立科学博物館、
    財団法人日本科学技術振興財団、科学技術館、
    大学共同利用機関法人自然科学研究機構国立天文台、
    ブリティッシュ・カウンシル、日本大学芸術学部
協力: 駐日スウェーデン大使館、学習研究社
    TEL:03-3423-4580  FAX:03-3423-4108

E-mail:agora2009@the-convention.co.jp
URL:http://www.scienceagora.org/

| イベント情報 |
『サイエンスアゴラ2009』特別イベントとして、デジタルリマスター版アニメ『ニルスのふしぎな旅 劇場版』を初上映!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。