『百花繚乱』コミックス化(単行本化)!11月25日発売決定!

百花繚乱 コミックス化!
cすずきあきら・Niθ・ホビージャパン cしらゆき昭士郎 

 現在テレビアニメも絶賛放送中の『百花繚乱』原作小説(HJ文庫)をコミカライズした単行本第1巻が、2010年11月25日より発売決定!

『百花繚乱』は、ホビージャパン40周年記念作品として2009年よりスタートした作品。現在、HJ文庫の小説を中心にフィギュア、「月刊ホビージャパン」の記事連載、対戦型ビジュアルブック「クイーンズゲイト」、テレビアニメなど、マルチメディアで展開中。

単行本には、公式サイトで連載中の漫画に加え、コミックスだけの描き下ろし漫画(10ページ)や、原作者:すずきあきら氏による書き下ろし小説が収録される予定。

百花繚乱 コミックス
cすずきあきら・Niθ・ホビージャパン cしらゆき昭士郎

【あらすじ】
 ときは平誠二十某年、徳川第二十五代将軍慶康の治世。西暦で言えば、2000年を少し過ぎたあたりの大日本国。霊峰富士の裾野に、広大な敷地を構える巨大学園があった。その名も“武應学園塾”。そこでは武家の子女が集い、大日本の次世代を担うため、日々勉学と武術に励んでいる。 主人公・柳生宗朗は、武應学園塾に通う高校生にして柳生道場の師範代。彼が稽古に励んでいたとき、突如、素っ裸の少女が“降って”きた! いにしえの剣豪・柳生十兵衛を名乗る少女とのこの出会いが、歴史を揺るがす大動乱の幕開けであることに、宗朗はまだ気づいていなかった―――。

**************

書名:HJコミック『百花繚乱 壱』
原作:すずきあきら
キャラクター原案:Niθ(※θの上には ^ が付きます)
漫画:しらゆき昭士郎

定価:600円(税込)
装丁:B6判・162ページ
雑誌コード:55870-22
ISBN:978-4-7986-0145-8

2010年11月25日発売

 

百花繚乱 公式サイト:
http://hyakka-ryoran.net/

アニメ『百花繚乱 サムライガールズ』公式サイト:
http://www.hyakka-ryoran.tv/

| インフォメーション |
『百花繚乱』コミックス化(単行本化)!11月25日発売決定!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。