「『劇場版『銀幕ヘタリア』&OVA『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』先行上映イベント in TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」イベントレポート到着!

イベント

 2011年2月20日、「劇場版『銀幕ヘタリア』&OVA『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』先行上映イベント in TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」が開催された。

ゲストは、小西克幸さん(『ヘタリア』アメリカ役/『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』ロイド・アーヴィング役)、小野坂昌也さん(『ヘタリア』フランス役/『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』ゼロス・ワイルダー役)のお二人。

今回の会場「TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」では、前年2010年6月にも「ヘタリア・スペシャルナイト」として、今回と全く同じ小西さん、小野坂さんのお二人をゲストに迎え、上映&トークイベントが開催されていた。その好評を受けての第2回目となる今回は、スクリーン&観客数とも前回の倍以上の規模でのイベントとなった!ということで、もちろんイベント内容もパワーアップ!

小西さん、小野坂さんが共通して出演している作品であるOVA『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION テセアラ編』最新エピソードの先行上映と、『銀幕ヘタリア』のDVDヴァージョンの東京地区劇場での初お披露目上映、そして勿論お二人の豪華なトークコーナーがたっぷり用意され、さらに舞台裏ではWeb番組『小野坂・小西のO+K』がイベントを更に盛り上げる企画を!お二人の絶好調トークはもちろん、文字通りに「客席まで巻き込んで」大いに盛り上がったイベントをレポートするぞ!

●自由自在なイベント前アナウンスからシリアスなOVA先行上映へ

 まずは「ヘタリア」イベント恒例(?)の、楽屋から会場のお客さんへ向けての諸注意アナウンスから。

まず先に読む小西さんに対して、小野坂さんから「アメリカみたいにやって!」「カナダっぽくやってよ」と読む声のキャラクターのリクエスト(笑)!リクエストその通りのキャラで諸注意を読み上げる小西さんの技に、早くも盛り上がる会場。

続いて、小野坂さんはフランスっぽく読む…と思いきやパフィンで読んだり、小西さんから「ゼロスで聞きたいな」というリクエストがあるとゼロスらしく軽快に、「フランス兄さんが聞きたいな」と言われると小野坂さんらしいアナウンスに早代わりと、こちらも芸達者振りを発揮。登場前から会場は、お二人に魅了されっぱなしです。

 アナウンスを終えたお二人が、大歓声に迎えられてステージに登場すると、自己紹介もそこそこに、さっそく最初の作品『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』の上映にうつると思いきや、その前に「この日の特別企画」の一つ目が。

これから上映されるOVA『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION テセアラ編』第4巻は、アニメシリーズの中盤を締める、素晴らしいエピソードなのですが、なにしろOVAシリーズ通算第8巻目ということで、作品初心者の方には少しレベルが高い上映企画。

そのことを考慮したお二人から、アニメ「シンフォニア」を知らないという人のために、小野坂さんと小西さんが自ら描いた「これまでのあらすじ」イラストをスクリーンに映しながら、物語の軸となるシルヴァラント編とテセアラ編について解説するコーナーが上映に先立って行われました。

ちなみに、このイラスト解説企画は、小野坂さん、小西さんの出演しているWEB番組『小野坂・小西のO+K』のコラボレーションによるお助け企画より発案されたもの。『小野坂・小西のO+K』は、今回のイベントの企画プロデュースを行っていたのです。

まずは、小西さんが書いたカラフルで可愛らしいイラストがスクリーンに映し出されると「上手!」と会場からは大きな拍手が。

イラスト イラスト

小西さんがイラストを担当した「シルヴァラント編」に続いて、小野坂さんの筆による「テセアラ編」あらすじのイラストが映し出されると、会場は大爆笑の渦に。何とも斬新で個性的な、しかしキャラクターの特徴を捉えたイラストに、笑いと共に大きな拍手が、小野坂さんに送られた。(※このイベントお助け企画の舞台裏は、後日WEBアニメイトTVに掲載の『小野坂・小西のO+K』で公開されました。企画に取り組む、お二人の映像などは必見デス)

 そんな楽しい企画を受けて、いよいよ先行上映へ。「この素晴らしいスクリーンで是非見たい」ということで、ゲストのお二人も、スクリーン前から、劇場のど真ん中の席へ移動。ゲストもお客さんも、会場みんなで一緒に楽しむ上映がいよいよスタート!

コレット救出のため、ユアンらレネゲードと共に“飛竜の巣”へ突入したロイドたち。そこでロイドはかつての仲間・クラトスと対峙する。自分たちを裏切ったクラトスに怒りの眼差しを向け、剣を構えるロイド。しかし、ユアンの刃が捉えたのは…ロイド。クラトスを見据えながらユアンは冷たく、驚くべき言葉を放つ。「息子の命が惜しいと思うなら我々に従え」。そこで、ロイドはクラトスが自分の父であるという衝撃の事実を知る。駆けつけたゼロスたちに促され、コレット救出へと走り出すロイド。コレットの運命は? 衰退世界・シルヴァラントと繁栄世界・テセアラ、両方の世界を救う術はあるのか? そして、テセアラの神子であるゼロスの真の目的は?

…続きが気になるドキドキの展開の中、上映は終了。テセアラ編はこの第4巻で完結し、いよいよストーリーの終盤となる世界統合編へと続いていくのでした。

●シリアスから一転!爆笑に包まれた『銀幕ヘタリア』生コメンタリー上映

 上映が終わるとお二人がスクリーン前に再登場。スクリーンで観た迫力や感動など、感想を話しつつも、話はOVAの今後の展開予想へ。

OVAの原作ゲーム『テイルズ オブ シンフォニア』ではストーリーに分岐ルートがあり、ゼロスとクラトスのどちらか一方しか仲間に出来ず、これが最後のエンディングに関係してくるのです。

「クラトスはロイドに『お前は間違うなよ』って言って、ゼロスは『俺は強い方の味方だぜ』って言ってるでしょ?え~どうなるの?」と言う小西さんに、「2人共、フラグ立ってるじゃん!」と興奮気味の小野坂さん。

トーク

お二人とも、最終的にどちらを仲間にするエンディングをアニメが迎えるのかをまだ知らされていないとのことで、「今、僕たちもビックリしているんです」(小西さん)。「クラトスがあの台詞を言わなかったら、俺、完全にいなくなるフラグだったからね」と小野坂さん。今後リリースされる「世界統合編」がどのようなエンディングを迎えるのか、今後の展開に注目したいところです。

 そんなシリアスな展開の『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』に続いては、『劇場版 銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it,White(白くぬれ!)』の上映に。

再び、小野坂さんと小西さんが劇場の客席中央に移動して、今度はマイクを片手に生コメンタリーを行うことに! もちろん、もう片手にはお約束のポップコーンとコーラドリンク(アメリカ役の小西さんは勿論コーラ)がスタッフから用意されます。

ポップコーン

上映が始まるやいなや、アフレコ当時を思い出しながらのトークや、映像に合わせてタイミングよく台詞を入れてみたり、色々映像にツッコんだり。「小野坂さん、ポップコーン飛ばさないでよ!」(小西さん)と、まるで隣にお二人がいるかのような勢いのコメンタリートークを聴きつつ、「銀幕ヘタリア」を一緒に楽しみます。

フランスがイギリスに結婚を申し込む回の話では「俺、この回、好きなんだよね~」と小野坂さん。イタリアがドイツに絡むシーンでは「イタリア、うっとおしいなぁ」と、小西さんもしみじみ一言。女の子キャラクターが登場すると、「ハンガリー可愛い~!」と小野坂さんが絶叫すれば、シーランドが登場するシーンには「ジーニアス(CV:折笠愛)が来た!」と『テイルズ オブ シンフォニア』を絡ませてコメントするなど、サービス満点。後半になるに従って、小野坂さんは“らしさ”を発揮し、下ネタも絶好調に。

最後は、東京地区の劇場では初お披露目になるDVDオリジナルバージョンの新作エンディングが流れ、終始、笑いに包まれた中、『銀幕ヘタリア』の上映が終了したのでした。

●「銀幕ヘタリア」の上映を楽しんだ後は、『ヘタリア』について用意されたお題に答えるテーマトークコーナーへ。

最初のお題は「お互いのキャラクター」について。

「アメリカは凄い高い声で喋り続けるから、後ろから見ていて小西君が心配」という小野坂さん。PSP用ゲーム『学園ヘタリア Portable』の収録時には声を潰すほど熱演したといった知られざる、小西さんの全苦労話暴露も。

続いての二つ目のお題「生コメンタリーを行ってみての感想」では「誰かがつっこんで、みんなもやっぱりそう思っているんだって一緒に楽しめるのがいいね」(小野坂さん)、「なかなかこういう機会がないし、みんなで協力して、一緒に見ている感じがしていい」(小西さん)

そして、イベントといえばお待ちかねのプレゼント抽選会。

小野坂さんと小西さんのサイン入り『テイルズ オブ シンフォニア』スクールカレンダー、『銀幕ヘタリア』の台本、2人がパーソナリティを務めるラジオ『小野坂・小西のO+K』のオリジナルTシャツがプレゼントされた。抽選で選ばれた3人に貴重なプレゼントが渡されると遂にイベントもラスト。

最後は2人から「今日はありがとう!またイベントがあれば来て下さいね」(小野坂さん)、「生コメンタリーは初めてでしたが、ワイワイガヤガヤやれて楽しかったです。今度はみんなでもっと声をあげてやりたいです」(小西さん)とメッセージ。大きな拍手と歓声の中、上映イベントは終了した。

そして、イベントに参加できなかったファンの皆様へ朗報! イベントの一部の模様は『ヘタリア World Series』DVD vol.7の映像特典として収録される。お二人の自由自在なトークが楽しめる映像、お楽しみに!

**********

OVA『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION テセアラ編』
好評発売中
発売元:フロンティアワークス

銀幕ヘタリア Axis Powers Paint it,White(白くぬれ!)
ぷれみあむ版・祭 [DVD]
 
好評発売中
発売元:株式会社フロンティアワークス
販売元:株式会社メディアファクトリー

(Amazon.co.jp)

**********

 

OVA『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』公式サイト:
http://ova-tos.com/

『ヘタリア』公式サイト ヘタリアドットコム:
http://c.m-a-d.jp/mad/f/d295f4b/n?guid=ON

『小野坂・小西のO+K』:
http://www.animate.tv/radio/details.php?id=otasuke

| イベント情報 |
「『劇場版『銀幕ヘタリア』&OVA『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』先行上映イベント in TOHOシネマズ 六本木ヒルズ」イベントレポート到着!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。