赤塚不二夫キャラクター初競演!DVD『赤塚不二夫アニメコレクション』CMアフレコ収録レポート到着!

 実写映画『これでいいのだ!! 映画★赤塚不二夫』の公開を記念して、赤塚不二夫原作「ひみつのアッコちゃん」「もーれつア太郎」「天才バカボン」「おそ松くん」のアニメーション作品を収録したDVD「赤塚不二夫アニメコレクション 映画・TVスペシャル・OVA豪華13本立てなのだ!」を5月21日に発売!

今回、収録作品から「ひみつのアッコちゃん」のアッコちゃん(CV.太田淑子)、「もーれつア太郎」のニャロメ(CV.大竹宏)、「平成天才バカボン」のバカボンのパパ(CV.富田耕生)、「おそ松くん」のイヤミ(CV.肝付兼太)の4名が赤塚不二夫作品史上初めて競演するCMが制作される。CMは各キャラクター編、全員集合編の5バージョンを制作し、4月17日より下記放送局でオンエアを開始。東映ビデオ公式HPでも公開される予定。

都内にて、声優陣4名が一同に揃って行われたCMアフレコ収録のオフィシャルレポートが到着!

<<<オフィシャルレポート>>>

DVD「赤塚アニメ」アフレコレポート

CMアフレコ収録は、全員集合編、各キャラクター編の順で行われ、予定時間より早々に終了。久々の役の演技にも関わらず当時と変わらない声とに、当時アニメを観ていたスタッフも多いスタジオ内も感動に包まれました。

アフレコ後、集まるのは数年ぶりという4名に、お話を伺いました

■ご自身の役について&当時の思い出

●太田淑子さん(アッコちゃん)…久しぶりにアッコちゃんの声を演じて…といっても「テクマクマヤコン」と言っただけなんですが、当時とは、やっぱり声が違うな、と思いました。アッコちゃんごめんね(笑)。私は、レオなど(「ジャングル大帝」)男の子の役ばかりで、アッコちゃんは初めて女の子の役だったんです。だから、ほんとにとても嬉しかったですね。今回はCMでストーリーがあるわけではないので、またぜひやりたい!

●肝付兼太さん(イヤミ)…イヤミはとにかくテンションの高い役。あと10年若い時にやりたかった!と本当に思いましたね(笑)。何しろ、30分収録すると、毛細血管が7本切れるんです(笑)。それくらいで臨まないと面白くないんですね。僕はよく、若手に話すんですが、「芝居をしなさい。通常の4倍(しばい)、それくらいのオーバーアクションでちょうどいいんだ」って。じゃないと、アニメはキャラクターや絵に負けちゃうんですよ。特に赤塚不二夫作品はそうですね。でも、大好きなキャラクターです。

●冨田耕生さん(バカボンのパパ)…バカボンのパパは、大好きな、演じててとにかく楽しい役。役柄は、自分のまま。我が家にいるのと変わらないんです。当時の思い出と言えば、、スタジオ収録は朝からでしたが、早い時間から皆でバカみたいな高いテンションで演じてましたね。赤塚不二夫さんの作品は、朝ふらっといって、眠い感じで演じていたらとてもできない作品ばかりですから。大きな声で、げらげら笑って、真面目に、一生懸命ふざける。それがとても楽しかった。それから、僕は赤塚不二夫さんと同じ年。よく飲みました。赤塚とっつぁんはとにかくお酒を飲んでましたね。作品の制作会見なんか開くと、必ずベロンベロンで登場してました(笑)

●大竹宏さん(ニャロメ)…ニャロメは、赤塚先生のキャラクターの中でも世の中への怒りや反発を出した役なんです。名前も「こんにゃろめ!」とそのままですしね。ただ、そのままやると笑いにならないので、逆に世の中の笑いもの的な立場の役になっているところがあります。今世の中は「無関心」「無気力」腹立たしいことも多いですね。そんなときぽんとニャロメが出て来て「ニャロメ~!!」ってみんなに訴えるんです。

■DVD発売にあたってひとこと

●太田淑子さん…「ひみつのアッコちゃん」は、ストーリーも面白いし、夢があるし、歌もいまも皆が歌っているくらい素敵。アッコちゃんを超える少女マンガって、きっとないと思います。観ると心がほのぼのする、観て良かったな、って思えるとっても優しい作品です。他の作品も、観ていない若い子たちは本当にもったいないですよ!

●肝付兼太さん…DVDが出るって聞いて、思わず「シェ~~!!」ってなりました(笑) 赤塚不二夫アニメは、いまの小中高生、女の子も男の子ともみんなにぜひ見て欲しい。ばかばかしいと思う後に、必ず何かが残ります。

●冨田耕生さん…赤塚不二夫作品は、絶対に観るべきです。観たらびっくりすると思う。こんなに面白いものを知らないのは、もったいない!本も、アニメも、今観ても最高に面白い。「みるな~の反対なのだ!!」

●大竹宏さん…老若男女、みんなが楽しい作品ばかり。アッコちゃんは、小さな子から中学生まで。バカボンはみ~んなに。ニャロメたちは、いまの気力のない若者にぜひ観てもらって、「俺はこうなりたい!」というポリシーを持って欲しいと思います。終始和気あいあいとしたムードで同窓会のように、当時の思い出や、最近の様子など、話に花が咲いていたみなさん。赤塚不二夫作品を観たことのない若い人たちにぜひ観てもらいたい!! 観ないともったいない!! そしてまた、新しい作品がつくれたらいいね、と話が尽きないなか、アフレコ収録を終えました。

**************

<CMオンエア予定>
テレビ朝日、TOKYO MX、
カートゥーン ネットワーク、東映チャンネル
東映ビデオHP(http://www.toei-video.co.jp/

<声の出演>
太田淑子、大竹宏、冨田耕生、肝付兼太

<内容>
15秒スポット…アッコちゃん編、ニャロメ編、バカボンのパパ編、イヤミ編
30秒スポット…初!全員集合編

******************

赤塚不二夫アニメコレクション 映画・TVスペシャル・OVA豪華13本立てなのだ!【DVD】
赤塚不二夫アニメコレクション
映画・TVスペシャル・OVA豪華13本立てなのだ!【DVD】

2011年5月21日発売
(Amazon.co.jp)

<収録作品>
DISC1(171分)

東映まんがまつり
「ひみつのアッコちゃん サーカス団がやってきた」(24 分/1969 年公開)
「ひみつのアッコちゃん わたしのパパはどこ?」(25 分/1969 年公開)
「もーれつア太郎」(35 分/1969 年公開)
「もーれつア太郎 ニャロメの子守歌」(24 分/1970 年公開)

東宝チャンピオンまつり
「天才バカボン 夜まわりはこわいのだ」(13 分/1972 年公開)
「天才バカボン 別れはつらいものなのだ」(13 分/1972 年公開)
「元祖天才バカボン 誰が食べたかおサカナさん」(13 分/1976 年公開)
「ひみつのアッコちゃん」(24分/1989年公開) ★

DISC2(173 分)
東映まんがまつり

「ひみつのアッコちゃん 海だ! おばけだ!! 夏祭り」(24分/1989年公開)★
「おそ松くん スイカの星からこんにちはザンス!」(24分/1989年公開)★

TVスペシャル
「おそ松くん あっぱれ!チビ太の鬼たいじザンス」(50分/1989年放送)★

OVA
「おそ松くん イヤミはひとり風の中」(25分/1990年制作)★

TVスペシャル
「バカボン おそ松のカレーをたずねて三千里」(50分/1991年放送)★

★・・・初のDVD化

発売元:東映アニメーション・東映ビデオ 販売元:東映

(C)赤塚不二夫/東映アニメーション
(C)赤塚不二夫/TMS
(C)フジオプロ・ぴえろ

価格9.450 円(税込)

******************

 

東映ビデオ:
http://www.toei-video.co.jp/DVD/sp21/akatsukafujio.html

| コメント・インタビュー |
赤塚不二夫キャラクター初競演!DVD『赤塚不二夫アニメコレクション』CMアフレコ収録レポート到着!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。