OVA『ひぐらしのなく頃に煌』第1話アフレコ、オフィシャルレポート到着

ひぐらしのなく頃に煌 アフレコレポート

『ひぐらしのなく頃に』の10周年を記念して、OVAシリーズ『ひぐらしのなく頃に煌』(全4巻)が始動!

第1巻“罰恋し編-喜-“は、圭一や大石刑事らソウルブラザーズがめくるめく妄想と罰ゲームを繰り広げるコミカルなエピソード。

第1話の収録を終えたキャストの皆さんにお話を伺ったので、紹介しよう。

★アフレコレポート★

──アフレコを終えての感想をお願いします。

保志総一朗さん(前原圭一役):久しぶりに圭一をやらせて頂いて懐かしい……かと思いきや、それどころではなく激しい、勢いのあるアフレコでした。駆け抜けた感じなので実はまだあまり実感がありません(笑)。

雪野五月さん(園崎魅音・詩音役):今回は、まずは圭ちゃんお疲れさまでした、という一言につきます(笑)。

かないみかさん(北条沙都子役):やっぱりこうじゃなくちゃって。圭ちゃんがバタバタするほど私たち部活メンバーは喜び? 萌え? みたいな感じなので、大満足でした!

中原麻衣さん(竜宮レナ役):本当に面白かったです! 今回は圭一くんたちソウルブラザーズがすごく頑張っていて、視聴者に近い感じで楽しんでしまいました。

田村ゆかりさん(古手梨花役):カオス、でした(笑)。かなり男性陣のテンションが高めで、ソウルブラザーズが大好きな私は楽しかったです!

堀江由衣さん(羽入役):久しぶりに羽入を演じさせて頂いてとても楽しかったです。今回はソウルブラザーズの皆さんがすごく盛り上がっていて、熱さをかんじるお話でした。キャストの皆でお互いにちょっとツッコミを入れたりしながら楽しい収録でした。

小林ゆうさん(北条悟史役):悟史さんも出演させて頂いてとても嬉しいです。今回はドキドキしてしまうシーンがたくさんあったのですが、悟史くんにもドキドキしてしまうシーンがあって、「もうわー!」という感じでございました。すごく楽しい輪の中に入れて頂けて嬉しかったです!

──今回のOVAはバラエティに富んだシリーズですが、第1話はこれまでの作品と比べていかがですか?

保志さん:今までの作品でもシリアスとコミカルはあったんだけど、今回はギャグかかなり弾けてますね。本編がかなりシリアスなサスペンス色か強いからこそ、こういう話が楽しいんだと思います。

雪野さん:ソウルブラザーズがはじけ過ぎですよね! ノリノリでした。

かないさん:いい大人が揃いも揃って何やってんだか、てのが楽しいですよね。罰ゲーム的なシーンも多かったけど、そういうシーンが一番弾けていて、楽しい!!

田村さん:血なまぐさい感じが全くしない『ひぐらし』で、いつも部活をやっていた日常や、時々入っていた妄想の延長のようなお話なので、すごく平和です。

中原さん:元々『ひぐらし』というお話はシリアスタッチですが、番外編やドラマCDは意外とギャグが多いので違和感なく入れました。シリアスもいいけど、元がシリアスだからこそギャップがあって、楽しく演じられました。

小林さん:キャラクターの皆さんも本編では色々と大変なことになるだけに、そういう皆様がコミカルなお姿を見せてくださるのが出演者としてはもちろん、作品の一人のファンとして素敵だと思いました。

堀江さん:いろんな形のお話ができる作品だといつも感じているのですが、ドラマCDとかでもソウルブラザーズが出てくるとより楽しいよりな話になると思っているんです。だから、ソウルブラザーズが出てくるいつものあの感じか、と思っていただければ間違いないと思います(笑)。

──アニメオリジナルのエピソードで、演じてみたい、見てみたい話はありますか?

保志さん:妄想サービス多めの第1話はやりすぎですね(笑)。でも、ソウルブラザーズは大好きなのでまたやりたいですね。

雪野さん:魅音と圭ちゃんの純愛物語が見たいです。たまには魅音にもいい思いをさせてあげたいです(笑)。

かないさん:私はアメコミ風が見てみたい! みんなすごい特殊能力を持ってるの。かっこいい『ひぐらし』で超すごいトラップ使いになりたいです。

田村さん:実はまだ秘密の2話の内容を聞いて、やったぁって感じでこれ以上望む物はないくらいです(笑)。その話をスピンオフでやってほしいですね。それ以外だと百合っぽいのが見たいですね。男性陣がいない学園モノで組み合わせはレナと詩音かな…3話はそれで、4話は圭一とか富竹さんがいる隣の学校が舞台のBLがよいと思います(笑)。

中原さん:私はファンタジー世界の冒険物が好きなので、パーティを組んで冒険とかしてみたいです。魅音が勇者で、梨花ちゃんが僧侶で……レナは武闘家ですね!

小林さん:悟史くんはCDのジャケットでチアリーダーのお姿をさせて頂いたりもするのですが、そういういつもとは違った一面をみることができるのも素敵だなって思いました。もしくは、『ひぐらし』のみんなが大家族だったらいいなって思ってて、悟史くんは優しいお母さんも似合いそうです。お父さんは圭一さんでしょうか?

堀江さん:短いお話でもいいので、羽入が出てきて3分くらい、なんにもしないお話が見てみたいです(笑)。みんなが学校行ってる間の、羽入のなーんでもない日常、みたいな。

──オープニング主題歌“Happy! Lucky! Dochy!”について聞かせてください。

かないさん:今回は、梨花ちゃんと羽入と沙都子の3人で歌ってるんだよね。めちゃくちゃ楽しい可愛い曲です♪3人のそれぞれの感じが出てるかな? 羽入と梨花が可愛く歌っているのに、沙都子がぶち壊してないかが心配です(笑) レコーディングも楽しかったなぁ。

堀江さん:すごく明るくて元気のいい曲で、聴いているだけで楽しくなれる感じです。歌詞にも歌っている3人の雰囲気が出てて、とっても耳に残るいい曲だと思います。きゃいきゃいしてる感じの曲です!

田村さん:結構ほんわかして楽しい感じの曲でした。今までの主題歌のイメージとは一味違って、王道でかわいい感じになってます。

──本シリーズは『ひぐらし』の10周年記念作品です。『ひぐらし』が長く愛されている理由はなんだと思いますか?

保志さん:ファンの皆さんも一緒に参加している物語だからだと思うんです。1つの作品から皆さんが、想像して広がっていくような。今回オリジナルのアニメが作られるのはまた新しい第一歩なのかなと思います。

かないさん:キャラクターたちがとにかく可愛いいことと、世界観ですよね。繰り返しの物語だから、次から次に色々なお話を続けていける。あとは部活メンバーがみんな仲良しなのも魅力です!

雪野さん:時代背景がとってもいいですよね。ひぐらしがカナカナカナって鳴く中、物悲しいような、記憶のどこかにあるような……。日本人のDNAとして落ち着きます。

中原さん:すごくしっかりした世界とキャラクター付けがある中で、根本がしっかりしているからこそ、そこから派生する色々な展開が楽しいんだと思います。

小林さん:10周年本当におめでとうございます。同人のゲームからスタートして、アニメやドラマCDと色々なジャンルに広がっていった作品をファンの皆様がずっと大事にしてくださることで、今もどんどんその世界が大きく広がっていらっしゃるのだと感じております。私も作品に出演させていただいているひとりとして、応援してくださるファンの皆様に心から感謝しております。

田村さん:早く次の展開が知りたくて、のめりこんでしまうようなストーリーの魅力です。私自身、いつも続きがすごく気になるんです。そのあたりがみんなの心をつかむんじゃないかと思います。

堀江さん:ストーリーの中で、色々なお話ができるのが楽しいなと思います。後半に行くにつれ、繰り返す時間がテーマになっていったり。キャラクターがみんなテンション高くて、チームワークの良さ、かけあいの楽しさが大好きです。

──新シリーズへの意気込みと、ファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

保志さん:第1巻は『ひぐらし』の面白さの突出した部分が凝縮してるので、男子はソウルブラザーズに共感してもらい、女子は恥ずかしくなってもらい(笑)、いろんな楽しみ方をしてほしいと思います。

かないさん:新シリーズはOVA4巻で出るってことで楽しみです。新しい世界、新しい物語を、私たちもファンの皆さんと一緒の気持ちで楽しんでいます。一方通行じゃない両思いですね。10周年なので、みんなでいろんなコスチュームを着てイベントとかできると嬉しいです(笑)。

雪野さん:久しぶりの収録なんですが、そんな感じがせずにいつもの『ひぐらし』に帰ってきたなって、私の中ではそんな存在になってるんです。だからまた演じられてとても嬉しいです。これからのリリースを楽しみにしてください!

中原さん:今回10周年企画の記念の作品に出させて頂けるのは本当に嬉しいです。一話一話どうなっていくかわからないですが、それぞれのキャラクターが活躍していくと思います。皆さんに待ち遠しく思ってもらえる作品にしたいと思うので、ぜひ見てください!

田村さん:また『ひぐらし』をアニメで演じられるとは思ってなかったので、単純にすごく嬉しいです。今回はすごくはっちゃけた内容で、私自身も次がどんな話か楽しみにしてるので、皆さんも一緒に楽しみにしてください。

小林さん:作品を応援してくださるファンの皆様、本当にありがとうございます。こうして北條悟史役として出演させていただけて本当にうれしく思います。皆様に笑っていただいて、ドキドキしていただいて楽しんでいただけましたら幸いです。素敵な魅力がたくさん詰まっておりますので、ぜひご覧になっていただけたら嬉しいです! よろしくお願い致します。

堀江さん:また新しい『ひぐらし』で、雛見沢のみんなの活躍が見られるのがとても楽しみです。今回は楽しいお話が続くとのことなので、本編を怖がりながら見ていた方も、最後まで楽しく見てください!

(取材・文:中里キリ)

**********

ひぐらしのなく頃に煌 アフレコレポート ひぐらしのなく頃に煌 アフレコレポート
ひぐらしのなく頃に煌 アフレコレポート

**********

◇OVAリリース情報◇
OVA「ひぐらしのなく頃に煌」Blu-ray 完全限定版 file.01
OVA「ひぐらしのなく頃に煌」Blu-ray 完全限定版 file.01
OVA「ひぐらしのなく頃に煌」DVD 完全限定版 file.01
2011年7月21日発売
(Amazon.co.jp)

<あらすじ>
――“部活”で負けが込み、すっかり罰ゲームの常連に落ちぶれた圭一。その鬱憤を晴らすため、レナたち部活メンバーに、とんでもなく屈辱的な罰ゲームをやらせようと企むのだが…妄想渦巻く煩悩の果てに、どんな結末が待ち受けるのか!?

第1巻『罰恋し編-喜-』は原作ゲーム「ひぐらしのなく頃に解」の『目明し編』お疲れ様会として制作された『罰恋し編』をアニメ用に再構築して映像化!

<キャスト>
○ 前原圭一:保志総一朗
○ 竜宮レナ:中原麻衣
○ 園崎魅音・詩音:雪野五月
○ 北条沙都子:かないみか
○ 古手梨花:田村ゆかり
○ 羽入:堀江由衣

<スタッフ>
○ 原作:竜騎士07/07th Expansion
  「ひぐらしのなく頃に」「ひぐらしのなく頃に解」「ひぐらしのなく頃に礼」
○ 監督:橘秀樹 
○ シリーズ構成:川瀬敏文 
○ キャラクターデザイン・総作画監督:阿部智之
○ アニメーション制作:スタジオディーン

<Blu-ray・DVD 完全生産限定版共通特典>
①描き下ろしマジカルBOX
②特典CD「マジカルディスク(仮)」
<収録内容>
 ・エンディングテーマ 
  各巻ごとに歌唱キャラが変わる本編エンディング曲を収録
  file. 01 歌 : 竜宮レナ(中原麻衣)
  file. 02 歌 : 古手梨花(田村ゆかり)&北条沙都子(かないみか) 
  file. 03 歌 : 園崎魅音&詩音(雪野五月)
  file. 04 歌 : 羽入(堀江由衣)    
 ・ミニドラマ
③オリジナルブックレット
 <収録内容>
 著名漫画家とのコラボレーションコミックス等を収録
④梨花&沙都子 手乗りPOP
⑤プレゼント応募券付アドカード【通常版・完全生産限定版共通】
⑥ピクチャーレーベル仕様【通常版・完全生産限定版共通】

<連動購入特典>
梨花と羽入のお持ち帰りぃ~♪タペストリー
※アドカードの応募券を集めた方に全員プレゼント!
(送料等の実費のみご負担頂きます)

◇リリーススケジュール◇
OVA第1巻 罰恋し編 -喜-     2011年7月21日(木)
OVA第2巻 妖戦し編 -努-     2011年9月22日(木)
OVA第3巻 結縁し編(仮) -愛- 2011年11月23日(水)   
OVA第4巻 夢現し編(仮) -楽- 2012年1月25日(水)
※Blu-ray&DVDの2種類をリリース予定

 

ひぐらしのなく頃に 公式サイト:
http://www.oyashirosama.com/

| 新作OVA情報 |
OVA『ひぐらしのなく頃に煌』第1話アフレコ、オフィシャルレポート到着
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。