『いつか天魔の黒ウサギ』のTVアニメ化&WEBラジオスタートが決定! ヒメア役・高本めぐみさん&美雷役・野水伊織さんインタビュー到着!

いつか天魔の黒ウサギ 野水伊織さん、高本めぐみさん

 『ドラゴンマガジン』(富士見書房刊)で連載中の『いつか天魔の黒ウサギ』(原作・鏡貴也、イラスト・榎宮祐)がTVアニメ化して7月より放送スタート。オンエアに先駆けて、WEBラジオ番組『いつ天ラジオ~ヒメアとミライの小悪魔(コウサギ)生徒会室~』の配信が始まりました。

ラジオのパーソナリティを務め、アニメではヒメア役を演じる高本めぐみさんと、美雷役の野水伊織さんのお二人にプレ配信番組収録にお話しをうかがいました。

●『いつか天魔の黒ウサギ』は学園を舞台にしたファンタジーストーリー 

――『いつか天魔の黒ウサギ』がどんな作品なのか、ご説明いただけますか?

サイトヒメア役・高本めぐみさん:主人公の鉄大兎(くろがねたいと)が幼い頃に出会った少女・ヒメアと再会したのをきっかけに、平凡な日常から魔法とバトルが繰り広げられる非日常の世界に巻き込まれていく学園ファンタジーストーリーです。

安藤美雷役・野水伊織さん:原作を初めて読ませていただいた時、ファンタジックな世界観だなと思いました。壮大なお話なのに、大兎が普通の高校生だったり、学校を舞台にいろいろな出来事が起きる、日常とファンタジーがうまく融合していて、共感しやすい作品じゃないかと思います。キャラクターも幻想的に描かれていて、ヒメアの髪のグラデーションとか、美雷が悪魔になる時の描写とか読んでいるうちにどんどん引き込まれていきました。

――演じているキャラをご紹介してください。

高本さん:ヒメアは大兎とクラスメイトで同じ生徒会委員ですが、実は魔術師の顔を持っていたり、とにかく謎が多い子。原作を読んでもなかなか全容が見えてこなくて台本を見ても、うずうずしてるんです(笑)。でも大兎のことがすごく大好きで、そんな表情を見せる時は普通の恋する乙女だなと思いました。

野水さん:美雷もヒメアや大兎と同じ生徒会委員で、一見するとちょっとアホで元気な子という感じ(笑)。生徒会長の月光を慕うあまり、うざがられたりする妹みたいな女の子です。でも月光と契約する悪魔で、見た目に反して強くて怖い面もあって。私的には妹にしたいくらい、かわいいので皆さんにも好きになってもらえるといいなと思います。

●「容姿が変わっても中心はブレないように」(高本さん)、「テンションの維持が大変」(野水さん)

――先日からアニメの収録も始まったそうですが、演じる時に気を付けているところや大変だなと感じることがありましたら教えてください。

高本さん: 1話から幼女バージョンのヒメアが、がーっとしゃべるシーンがあったので、びっくりしました。容姿が子供でも高校生でも、彼女は長い年月を生きてきているので、中心になる部分は変えず、ブレないようにやっていこうと心がけています。あと大兎にかける言葉の甘さと、その他の人にかける言葉のニュアンスの違いが明確に出るようにして(笑)。シーンによって「もっと妖しく」とか、「もっと可愛く」とか、かなり幅広くディレクションを頂きますので、一つ一つ頑張ってます(笑)。

野水さん:美雷はテンションがすごく高い子なので、そのテンションを維持するのが大変です。ちょっとでも油断すると「もうちょっと元気にやってもらえるかな?」と音響監督さんに言われるくらい、いつも元気で。
 それと月光と一緒にいる時のひたむきさや恋心を抱いているところはかわいらしく演じられるように心がけてます。

●幻想的なキャラ描写とアクションシーンが見どころ

――収録現場の雰囲気はいかがですか?

高本さん:皆さんの演じるキャラがイメージにぴったりで、『いつ天』の世界に安心して身を委ねられるので、いつもやりやすく収録させていただいてます。

野水さん:大兎役の立花慎之介さんがお兄ちゃんのように優しく支えてくださったり、日向役の福山潤さんがインタビュー取材の時に気さくにフォローしてくださったり、先輩方に引っ張っていただきながら、目いっぱい演じさせていただいてます。

高本さん:あっ、月光と日向の紅兄弟を演じる中村(悠一)さんと福山さんが、仲がいいよね?

野水さん:そうですね! いつもじゃれ合ったり、からかい合ったりしてて。

――TVアニメの見どころを挙げていただけますか?

高本さん:原作の鏡貴也先生とイラストの榎宮祐先生が描き出した幻想世界がアニメになってキャラが動いて、音がつくと「こうなるんだ」と感動していただけると思います。『いつ天』の世界がどうアニメで表現されていくのか、どうぞお楽しみに!

野水さん:原作のイラストを見るだけで、ヒメアの髪の色をアニメで再現するのは大変そうだなと思いますが、実際に観てみるとヒメアのきれいな髪がふわっと動いてて驚きました。アクションシーンも多いので、見応えがある作品だと思います。大兎が1話から衝撃的なことになるので(笑)、最初から見逃さないようにしてください。

●WEBラジオでは二人が女子力を上げて小悪魔(コウサギ)を目指す

――アニメの放送に先駆けて、お二人がパーソナリティを務めるWEBラジオ番組『いつ天ラジオ~ヒメアとミライの小悪魔(コウサギ)生徒会室~』の配信が始まりました。本日、プレ配信版の収録を終えての感想は?

高本さん:「わ~っ」という感じで駆け抜けましたね。私の変な発言をイオちゃんがフォローしてくれた場面も多々ありましたが(笑)、とても居心地が良く、楽しい番組になりそうだなと思いました。

野水さん:まだアニメでは2話分の収録しかしてないため、めぐたんとこうやっていろいろなお話をするのは今日が初めてだったので、最初はすごく緊張しました。でも、めぐたんの発言がかわいくて、ついつい突っ込みたくなって(笑)。すごく女の子らしい、かわいい方だなと。

高本さん:ありがとう!

野水さん:本当ですよ。この番組のテーマが小悪魔な女子を目指すということなので、女子力のないことで定評のある私ですが(笑)、かわいい感じでやっていけたらいいなと思っています。

●二人がののしったり、テレまくるおもしろコーナーが聴きどころ

――番組の聴きどころを教えてください。

高本さん:プレ番組なので半分のコーナーをやったんですが、”雑魚の戯言”のコーナーは盛り上がりましたね。月光の口癖「この雑魚がっ!」にちなんで、私達が「この雑魚がっ!」とののしれるような雑魚エピソードを募集するんですが、例題をやってみただけでスタッフさんの盛り上がりようといったら(笑)。そして聴きどころはやはり私達がどれだけ小悪魔になれるかというところです。今後にご期待ください。

野水さん:”雑魚の戯言”は月光になり切るのが楽しいんですよね。もう一つのコーナー”いつか小悪魔(コウサギ)への道”ではリスナーさんにかわいい女子の条件を募集して、私達がそのお題に挑戦するんですが、今回「必ずOKしちゃう魔法の告白セリフ」を言うことに。私ならキュンとくるセリフを頑張って言ったのに評価が辛口で。ウサギの跳ねる音が評価数なので、たくさんピョンピョンするように頑張りたいです(笑)。

――番組の中でやってみたいことはありますか?

高本さん:ゲストをお呼びしたいです。そして照れたり、ののしったりしている様子を横から眺めたいです(笑)。『いつ天』に関するお知らせもたくさんお届けしていきたいですね。

野水さん:美雷がドクターシナモンを好きだったり、月光がコーラを好きだったりするので、混ぜて新しいフレーバーのドリンクを作ってみるとか。

高本さん:でも飲むのは私達だよ!

野水さん:じゃあゲストさんが来た時にふるまって。妖しい料理を作ったりして家庭的なところも見せて。ちょっといたずらっぽいほうが小悪魔っぽいかなって。

高本さん:うまい!

●6月26日にはアニメの1stイベント決定! 1話の先行上映&トーク&ライブ

――6月26日には初のイベントが控えてますが、意気込みをお聞かせください。

高本さん:「えっ! イベントで立花さんがあんなことを!」とムチャ振りしておいて(笑)。『いつ天』ファンの方と初めてお会いする機会になるので、「宮阪高校生徒会においでませ?」という感じで、アットホームなイベントにしたいです。皆さんはののしられる準備(笑)と、1話の先行上映でアニメ『いつ天』の毒(まじゅつ)を受け止める心の準備をしてきてください。

野水さん:このイベントに来てくださる方はラジオも聴いてくれた方も多そうだなと思うとものすごくハードルが上がってしまったような(笑)。たくさんの『いつ天』ファンの方とお会いできるのも楽しみですし、ネタばれしない程度に作品を掘り下げていったり、ラジオの雰囲気も味わっていただけたらいいなと思います。楽しみにしてくださいね。

――最後に皆さんへメッセージをお願いします。

高本さん:アニメ化を待ち望んでくださった『いつ天』ファンの皆さん、お待たせしました! そしてまだ『いつ天』に触れたことがないあなた、1話を見て、聴いて、世界を感じれば、もう抜け出せない、素敵なアニメです。全力で楽しんでください。ラジオでは、こんなキャラになっちゃいましたが(笑)、アニメのヒメアはかわいさ重視で頑張りましたので、アニメもラジオもチェックしていただけると嬉しいです。

野水さん:ヒメアは色っぽくてかわいいけど、ラジオのめぐたんもオチャメでかわいいと思います。アニメの放送前なので、『いつ天』の公式HPからラジオ番組を聴いてくれた方にはもったいぶって詳しくお話ししてませんが(笑)、むしろそれで気になった方は原作を読んで予習をしてからアニメを観るとよりおもしろいですよ。そして6月26日のイベントに参加していただいたりして、『いつ天』のアニメへのワクワク感を高めて、本放送まで待っててくださいね。

**************

★WEBラジオ『いつ天ラジオ~ヒメアとミライの小悪魔(コウサギ)生徒会室~』は公式サイトにて配信中!

★イベント概要:
『いつか天魔の黒ウサギ』1stイベント
<第十二代宮坂高校生徒会室第一回総会>
2011年6月26日(日)神奈川芸術劇場
出演:立花慎之介、高本めぐみ、野水伊織、美名、原田ひとみ(OP曲アーティスト)、鏡貴也(原作)、蜂屋誠一(プロデューサー)
公式サイトの応募フォームにて6月14日20:00まで受け付け
抽選で220名を招待

**************

◇テレビアニメ放送情報◇
・テレ玉

 7月8日より毎週(金)25:05~
・岐阜放送
 7月11日より毎週(月)25:45~
・チバテレビ
 7月11日より毎週(月)26:00~
・KBS京都
 7月12日より毎週(火)25:00~
・三重テレビ
 7月12日より毎週(火)26:50~
・tvk
 7月13日より毎週(水)25:45~
・TOKYO MX
 7月13日より毎週(水)26:00~
・TVQ九州放送
 7月13日より毎週(水)26:48~
・サンテレビ
 7月14日より毎週(木)24:35~

※放送局、放送時間は変更の可能性があります

<スタッフ>
○ 原作:鏡貴也
○ 原作イラスト:榎宮祐
  (ドラゴンマガジン連載/ファンタジア文庫刊)
○ 監督:山本天志
○ シリーズ構成:森田繁
○ 脚本:あみやまさはる、吉村清子、大和慶一郎
○ 絵コンテ:川崎逸朗、宮崎なぎさ、新田靖成、藤沢紗々
○ キャラクターデザイン:磯野智
○ 総作画監督:磯野智、桜井正明
○ アニメーション制作:ゼクシズ
○ 音楽制作:フロンティアワークス
○ 製作:宮阪高校生徒会

<キャスト>
○ 鉄大兎:立花慎之介
○ サイトヒメア:高本めぐみ
○ 紅月光:中村悠一
○ 安藤未雷:野水伊織
○ 紅日向:福山潤
○ 時雨遥:美名
○ 碧水泉:堀川千華
○ 数冴紗英子:合田彩

(C)2011 鏡貴也・榎宮祐/富士見書房/宮阪高校生徒会

「いつか天魔の黒ウサギ」関連商品はこちら
(Amazon.co.jp)

 

いつか天魔の黒ウサギ:
http://www.itsu-ten.jp/

| 新作アニメ(TV・その他) |
『いつか天魔の黒ウサギ』のTVアニメ化&WEBラジオスタートが決定! ヒメア役・高本めぐみさん&美雷役・野水伊織さんインタビュー到着!
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。