『新世界より』5月9日発売の「別冊少年マガジン」にて漫画版連載スタート

新世界より
(C) 貴志祐介・講談社/「新世界より」製作委員会

TVアニメ化が決定した貴志祐介の小説『新世界より』。5月9日より「別冊少年マガジン」(講談社)にて、漫画版『新世界より』の連載スタートが決定! 作画は、新人離れした画力を持つ期待の新鋭・及川徹(おいかわ・とおる)氏。原作小説、アニメとは一味違う“新世界ワールド”を大胆かつ美しく描いていく。

また、2012年4月1日(日)に「アニメ コンテンツ エキスポ 2012」の white ステージで実施される『新世界より』のステージイベントに、豪華声優陣、石浜監督に加え、原作者:貴志祐介先生の登壇が決定。当日は、作品の先行情報や思わぬ裏話がきけるかも!? さらに、初公開となるプロモーション映像の上映も行われる予定。

<ステージ概要>
日時:4月1日(日) 14:05~14:35(予定)
会場:アニメコンテンツエキスポ2012 whiteステージ
出演者:種田梨沙、東條加那子、工藤晴香、花澤香菜、藤堂真衣
      貴志祐介(原作者)、石浜真史(監督) 予定
司会:島本真衣アナウンサー(テレビ朝日)
内容:キャストと監督のアニメ「新世界より」トークショー、PV初公開

※イベントへの参加は、事前申込みによる抽選となります。詳しくは、下記のHPをご確認ください。

-----------

◇テレビアニメ放送情報◇
・テレビ朝日、CSテレ朝チャンネル他にて放送予定

<ストーリー>
1000年後の日本。
人々は、水と緑にあふれた理想郷とも言える街で平和に暮らしていた。社会の基盤となっているのは、21世紀まで著しい発展を遂げていた科学文明ではなく、その時代の人間であれば誰しもに備わっている「呪力(じゅりょく)」と呼ばれる念動力。彼らは、八丁標(はっちょうじめ)と名付けられた結界の中で、数千人ほどの小さなコミュニティーを形成し、呪力を駆使した奉仕・協力体制によって社会を成り立たせていた。

そんな世界で育った5人の少年少女、早季、覚、真理亜、守、瞬は、ある出来事から、自分たちを育んできた社会は、情報、思想、記憶、愛、さらに命までもが、一部の大人によって徹底的に管理・統制された、歪んだものであることに気づく。さらに、その裏には、人類がたどってきた血塗られた歴史も隠されていた。やがて、すべてを知った彼らは、滅びゆく世界を、掛け替えのない仲間たちを守るために、命を賭けた冒険と戦いに身を投じていくことになる。そして、闘いの果てには、驚きの真実が待ち受けていた!

<キャスト>
○ 渡辺早季:種田梨沙
○ 朝比奈覚:東條加那子
○ 秋月真理亜:花澤香菜
○ 伊東守:工藤晴香
○ 青沼瞬:藤堂真衣

<スタッフ>
○ 原作:貴志祐介「新世界より」(講談社文庫刊)
○ 制作:A-1 Pictures
○ 監督:石浜真史
○ シリーズ構成:十川誠志

 

テレビ朝日『新世界より』:
http://www.tv-asahi.co.jp/shinsekaiyori/

| 新作アニメ(TV・その他) |
『新世界より』5月9日発売の「別冊少年マガジン」にて漫画版連載スタート
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。