子供たちの大人気キャラクター<しまじろう>初の映画化!『しまじろうと フフの だいぼうけん ~すくえ!七色の花~』来年3月15日公開

しまじろうと フフの だいぼうけん ~すくえ!七色の花~
(C)Benesse Corporation 2013

ベネッセコーポレーション「こどもちゃれんじ」のキャラクター<しまじろう>が活躍する劇場版アニメーション+実写映画『しまじろうと フフの だいぼうけん ~すくえ!七色の花~』が、2013年3月15日(金)よりTOHOシネマズ 渋谷ほか全国にて公開決定!

映画『しまじろうと フフの だいぼうけん ~すくえ!七色の花~』は、<こどもちゃれんじ>の幼児を惹きつける映像制作のノウハウを活かし、幼児が「初めて映画館で見る映画・ファーストシネマ」をコンセプトに企画された作品。幼児期に楽しめる最初の映画として、子どもが映画館で映画鑑賞する際の保護者の不安要素である「映画館での暗さ、音量などへの恐怖感」や「楽しめる&集中力の持続」などに配慮した内容になっています。

例として、総尺50分内に途中休憩を入れ、鑑賞する低年齢の子供の集中力が途切れないように配慮したり、映画館の照明を半照明レベルに設定し、暗さへの恐怖を払しょく、音量も調整を重ねて制作されます。

映画は、ストーリー部分をアニメ(22分)、冒険の旅シーンを実写(28分)で制作。実写部分はミュージカル仕立てとなっており、キャラクターとのコール&レスポンス(画面からの呼びかけや、来場者プレゼントのうちわを使って応援するなど)を採用し観客自身も参加する形式にするなど、子どもが場面ごとで楽しめるように工夫されています。

しまじろうと フフの だいぼうけん ~すくえ!七色の花~
※場面写真はイメージです
(C)Benesse Corporation 2013

また、ストーリー構成は、時間軸の逆行や回想シーンなどのないシンプルな展開で、友だちといっしょに過ごす嬉しさ、友だちの大切さ、あきらめずに頑張ろうと思う気持ちといった、幼児期の幅広い年代の子どもに伝えたい、共感できるストーリーとなっています。

<ストーリー>
~見たことのない花びらが、ふしぎな国へのチケットでした。~
舞台はしまじろう達が住んでいる自然いっぱい、ちゃれんじ島。ある日、突然、島じゅうのお花が次々と枯れていき、一大事に。お花屋さんを営むみみりんの家では、ついに臨時休業することに・・・。しまじろうの家ではお父さんが大切にしていた花壇のお花が枯れてしまいました。町の人々も元気がないのです。そんな中、みんなの秘密基地に現れた花の国の女の子・フフ。お花が枯れてしまったことと何かつながりが?! フフと一緒に、しまじろうが夢で見た七色の花を助けるため、それぞれの想いをのせて、いざ冒険へ! しまじろう・みみりん・とりっぴい・にゃっきいが、来場する子どもたちといっしょに力を合わせて大活躍します。

---------------

◇映画公開情報◇
上映日:2013年3月15日~4月4日まで(予定)
上映館 :全国約100館(予定)

配給会社 :東宝映像事業部
制作体制 :製作)ベネッセコーポレーション、テレビせとうち、電通
       制作)DASH・デマンド、アンサー・スタジオ
       協力)ソニー・ミュージックダイレクト

<スタッフ>
監督 :平林勇
脚本 :オースミユーカ

推薦:全日本私立幼稚園連合会
後援:環境省(申請中)
特別協賛 :サンスター Doクリア

<キャスト>
南 央美、高橋 美紀、山崎 たくみ、杉本沙織 他
出演・佐藤芽(花の姫フフ)、野島直人・原田 優一(サワガニ男他)

---------------

 

映画『しまじろうと フフの だいぼうけん ~すくえ!七色の花~』公式サイト:
http://kodomo.benesse.ne.jp/ap/movie/

| 新作アニメ映画 |
子供たちの大人気キャラクター<しまじろう>初の映画化!『しまじろうと フフの だいぼうけん ~すくえ!七色の花~』来年3月15日公開
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。