ACE2013 レポート 『ファンタジスタドール』ステージイベント/登壇:谷口悟朗、大橋彩香、岡村和佳奈

ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント

2013年3月30日(土)アニメ コンテンツ エキスポ 2013内、オープンステージにて、7月よりスタートする新作テレビアニメ『ファンタジスタドール』のステージイベントが開催された。

ステージでは、クリエイティブプロデューサーの谷口悟朗さん、東宝株式会社プロデューサーの岡村和佳奈さんが登壇し、『ファンタジスタドール』の企画の成り立ちなどについてトークを行った。

「一本ずつ違うアプローチや挑戦をしていきたい」と作品作りについて語る谷口さん。今までにも、かわいい女の子が頑張ったり活躍したりする作品を作ってみたかったが、“畑違い”と思われているためか、こういった作品の制作依頼はなく営業してもなかなか通らなかったとのこと。それなら自分で作ってしまおうと企画されたのがこの『ファンタジスタドール』という作品である。今回、プロデュースを東宝が行うという事で、アニメ以外のプロジェクト展開も予定されているため、谷口さんは、「監督」よりも全体が見渡せる位置に居た方が良いだろうと判断、自身は「クリエイティブプロデューサー」に付き、「バンブーブレード」「そらのおとしもの」「僕は友達が少ない」などを手掛けた斎藤久さんに監督をお願いしたのだという。

ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント

これまで「無限のリヴァイアス」「プラネテス」「コードギアス 反逆のルルーシュ」などを手掛けてきた谷口さんだが、『ファンタジスタドール』という作品はビジュアルからも判るように、とても可愛らしい女の子たちが登場する。東宝の岡村プロデューサーは、このビジュアルの企画が持ち込まれた時は「非常に意外だった。」と話す。しかし企画意図の根底に“谷口さんらしさ”があり作品に対する考え方に共感したとのこと。谷口さんも『ファンタジスタドール』に関しては、特定の層をねらった美少女アニメを作るのではなく、誰もが見て楽しめるような作品作りを真っ向勝負で作っていくとのこと。

ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント

そして話題は、今作のキャラクター原案を手掛けるAnmiさんの話に。実は彼女、今年の3月に大学を卒業されたばかりの新人さん。今回のプロジェクトでの起用について岡村さんは「絵がかわいらしく印象的で、服のデザインは女性から見てもかわいい、色んな方々に見ていただく上で強みになる。」と語る。また、「新人ゆえに絵が完成しすぎてないところがいい。」と谷口さん。探りながら描いているので、どうしても絵の雰囲気などが半年前と変わってきてしまうが、そこはベテランのアニメーター加藤裕美さん(代表作:とんでぶーりん、ギルティクラウンなど)がしっかりとカバーを行うようだ。

前述のとおり、『ファンタジスタドール』はアニメ以外にも様々な展開が予定されている。7月頃のオンエアに合わせてソーシャルゲーム化、Anmiさんが描くコミカライズがニュータイプエースにてスタート。さらにアニメーションのコミカライズが5月よりコンプエースにてスタートする。

一通り、告知が行われた後、ここからは、主人公・鵜野うずめ役を演じる大橋彩香さんがトークに参加。大橋さんは今回が初お披露目となる主人公・鵜野うずめの衣装で登場し、谷口さん、岡村さんと共にアニメのストーリーや大橋さん起用の理由などについてのトークを繰り広げた。

ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント 
ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント

まずはアニメのストーリーについては、普通の中学性である鵜野うずめが、カードの中から出てくる女の子たちと知り合いになり、様々な困難を乗り越えていくという物。谷口さんも「物語構造自体はシンプル」と語る。

また、キャストの選出について「オーディション会場に一切行かない」と語る谷口さん。先入観が入らないように、大橋さんの起用に関しても「オーディションの時のデータ」や「声」だけを聞いて選んだとのこと。谷口さんが「彼女の声質の根っこに“凛”とした意志がある。」と誉めると、大橋さんは「普段なよなよしているので“凛”としていると言われて凄く嬉しいです!」と、少し照れながらも嬉しそうにコメントした。

ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント

ステージも終わりに近づき、最後に一言ずつ・・・

岡村さん「谷口さん、大橋さんはじめ、スタッフ・関係者にかなり愛されている作品だと思います。この作品のステージイベントは今日が初めてなので、ここにいらっしゃっている皆さんが、第1号のファンになって頂ける方かなと思います。是非オンエアを楽しみにして頂ければなと思います。」

大橋さん「オリジナル作品と言うことで、うずめちゃんと一緒にストーリーを知っていくというのが、これから凄く楽しみです。皆さん、これから『ファンタジスタドール』の応援よろしくお願いします!」

谷口さん「余りややこしい事や複雑なことを考えずに気楽に見られるアニメを作ろうと言うところで始めていますから正座してみる必要はありません(笑) スタッフ一同頑張って作っていますので7月の放送をお待ちください。よろしくお願いします。」

とコメントし、声援と拍手の中、40分のステージは終了した。

アニメ『ファンタジスタドール』は、2013年7月より放送予定。

------------

<イベントフォト>
ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント 
ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント 
ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント 
ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント 
ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント ACE2013 ファンタジスタドール ステージイベント 

------------

◇テレビアニメ放送情報◇
・2013年7月より放送開始

<スタッフ>
○ 原作:ファンタジスタドールプロジェクト
○ 監督:斉藤久
○ クリエイティブプロデューサー・オリジナルストーリー:谷口悟朗
○ キャラクターデザイン:Anmi
○ アニメーションキャラクターデザイン:加藤裕美
○ プロジェクト統括:アンバーフィルムワークス・十文字

<ストーリー>
「ファンタジスタドール」と呼ばれるカードを手に入れた女子中学生・鵜野うずめ。彼女がマスターとなって、5人のドール達と繰り広げる物語。ドール達は、一見普通の少女のように見えるが、カードの中のデータを呼び出し、実体化させると目の前に現れる仕組みになる。わがままな女の子や、ミリタリーマニアのゴスロリ娘など、個性派揃いのドール達とともに、うずめのバトルが始まるー!?

 

ファンタジスタドール 公式サイト:
http://www.fantasistadoll.com/

(C) 2013 ファンタジスタドールプロジェクト/FD製作委員会

| イベント情報 |
ACE2013 レポート 『ファンタジスタドール』ステージイベント/登壇:谷口悟朗、大橋彩香、岡村和佳奈
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。