『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』初日舞台挨拶オフィシャルレポート到着

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス 舞台挨拶

1月9日(金)より公開となった『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』。新宿バルト9では、初日舞台挨拶が行われ、花澤香菜さん、関智一さん、野島健児さん、神谷浩史さん、塩谷直義監督が登壇し公開を迎えた感想をそれぞれ語った。

■花澤香菜/常守朱(つねもり あかね)
是非、女子には狡噛さんのカラダを凝視してほしいなと思います(笑)。私が演じた朱は、第2期ではみているこっちが心配になるほどの事件がたくさん起きたりしましたが、劇場版では自分のペースをつかんだというか、安心してご覧頂けると思います。朱の活躍も楽しみにしてくださいね。

■ 関智一/狡噛慎也(こうがみ しんや)
SFは設定が複雑だったりしますが、塩谷監督がすごいのは、なんとなく見ても自然と設定も理解できる、物語の構築がうまいところだと思います。難しく考えずに見ていただければ、最後には『PSYCHO-PASS サイコパス』の世界をしっかり楽しんでもらえると思います。是非、肩の力を抜いて、純粋な娯楽作品として楽しんで頂きたいです。僕は期待していますので、また続編でお会いしたいと思います!

■野島健児/宜野座 伸元(ぎのざ のぶちか)
私は1期、2期、劇場版と参加させていただいていますが、この劇場版は1、2期を見ていない方でも楽しめます。気がついたらのめり込んでしまう作品です。フラットな気持ちで、一度観ていただければ、2度3度と観たくなる作品だと思います。是非、何度も劇場に足を運んでくださいね。

■神谷浩史/ニコラス・ウォン
SFの定義が複雑になっている昨今において、『PSYCHO-PASS サイコパス』は原点に立ち返るようなSFです。一流のスタッフの手にかかるとエンターテイメント作品として素直に楽しむことができる作品になります。是非、劇場という贅沢な環境で楽しんでいただきたいと思います。

■塩谷直義監督
劇場版はTVで出来ないことをやろうと思って作りました。1、2期、劇場と続いてきたそれぞれのキャラクターたちが、どのように思い、動くのか、狡噛と朱はどう出会うのか、確かめていただければと思います。現場のスタッフを代表して言えるのは「限界までつくりました」。僕はちょっと裏表がありまして(笑)、現場では結構ひどいことも言ったりして、“鬼”って言われています(笑)。でも、それに応えてくれるスタッフがいるというのは、こんなに幸せなことはありません。
2期を経て、劇場版の初日を迎え、すごく感じています。『PSYCHO-PASS サイコパス』は恵まれています。この作品が話題になれば、この先の可能性は広がると思います。スタッフ、キャストが精一杯作った映像をどうか劇場でご覧ください。

---------

◇映画公開情報◇
『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』
2015年1月9日(金)全国公開 

配給:東宝映像事業部
R-15指定 上映時間:113分

総監督:本広克行 監督:塩谷直義/ストーリー原案:虚淵玄(ニトロプラス)/脚本:虚淵玄(ニトロプラス)、深見真/キャラクター原案:天野明/ キャラクターデザイン:恩田尚之、浅野恭司/総作画監督:恩田尚之/音楽:菅野祐悟/アニメーション制作:Production I.G/制作:サイコパス製作委員会

<作品概要>
人々の精神が数値化される近未来で、正義を問われる警察のドラマを描くアニメーション作品「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズ。それは「踊る大捜査線」シリーズを生み出した本広克行(総監督)が新たに挑む警察ドラマであり、「仮面ライダー鎧武/ガイム」や 「楽園追放」を手掛けた虚淵玄(ニトロプラス)が緻密且つ大胆に書き上げたディストピアSF作品である。

そんなTV第1期で虚淵玄が築き上げた重厚な世界観を、TV第2期では「攻殻機動隊ARISE」「マルドゥック・スクランブル」の冲方丁がシリーズ 構成を担当し、更なるSFクライムサスペンスに昇華させている。また、シリーズを通じてキャラクター原案の人気漫画家・天野明が人間味あふれる個性豊かな キャラクター達を生み出した。そして、それらの交錯する鋭いクリエイティブを纏め上げ、ドラマチックな映像・演出に仕上げたのは、「PSYCHO- PASS サイコパス」シリーズを通じて監督を務める塩谷直義。第1期、新編集版、第2期で構成される「PSYCHO-PASS サイコパス」TVシリーズ。そしてTV2期に後続する形で、新たなストーリーが劇場版アニメーション作品としてつむがれる。
正義をめぐる物語の行方は?

<ストーリー>
世界は禁断の平和(システム)に手を伸ばす。
2116年――常守朱が厚生省公安局刑事課に配属されて約4年が過ぎた。
日本政府はついに世界へシビュラシステムとドローンの輸出を開始する。長期の内戦状態下にあったSEAUn(東南アジア連合/シーアン)のハン議長は、首 都シャンバラフロートにシビュラシステムを採用。銃弾が飛び交う紛争地帯の中心部にありながらも、水上都市シャンバラフロートはつかの間の平和を手に入れ ることに成功した。シビュラシステムの実験は上手くいっている――ように見えた。

そのとき、日本に武装した密入国者が侵入する。彼らは日本の警備体制を知り尽くしており、シビュラシステムの監視を潜り抜けてテロ行為に及ぼうとし ていた。シビュラシステム施行以後、前代未聞の密入国事件に、監視官・常守朱は公安局刑事課一係を率いて出動。その密入国者たちと対峙する。やがて、その テロリストたちの侵入を手引きしているらしき人物が浮上する。

その人物は―― 公安局刑事課一係の執行官だった男。そして常守朱のかつての仲間。
朱は単身、シャンバラフロートへ捜査に向かう。自分が信じていた男の真意を知るために。男の信じる正義を見定めるために。

©サイコパス製作委員会

------------

 

<関連リンク>
TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』公式サイト
TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』公式twitter
TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』公式Facebook

| コメント・インタビュー |
『劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス』初日舞台挨拶オフィシャルレポート到着
この記事へのコメント

コメントを残す





NGワードが含まれている・日本語が含まれていない場合は投稿することができません。